天木直人の公式ブログ

Header Image

日本の動きを伝えたい

WHAT'S GOING ON IN JAPAN NOW!!

お知らせ

最新の解説記事

安倍政権の暴政とそれを誰も止められない絶望的な政治
72

安倍政権の暴政とそれを誰も止められない絶望的な政治

 きのう12月8日は象徴的な日だった。 九州電力が川内原発を再稼働させた。 もはや原発再稼働の流れは止められない。 3・11の原発事故から巻き起こった原発反対の気運は一体何だったのだろう。 最高裁が厚木騒音訴訟の逆転判決を下した。 米軍機はもとより、自衛隊機の飛行差し止めさえも覆された。 しかも、自衛隊機の飛行を「公共...
安倍長期政権は日本の戦後政治の失敗がもたらした結果である
182

安倍長期政権は日本の戦後政治の失敗がもたらした結果である

 思ったとおりの不毛な党首討論だった。 メディアはそれを知っていながら、さも意味ありげに党首討論を報じている。 そうしないとニュースにならないからだ。 メディアの政治報道もまた八百長である。 それにしても、つくづく思う。 なぜこのような政治崩壊になってしまったのか。 政治崩壊とは、聞く耳を持たず暴言を繰り返す安倍首相が...
共産・自由・社民が民進党をけん制するという笑止
166

共産・自由・社民が民進党をけん制するという笑止

 きょう12月8日の各紙が報じた。 共産党の志位委員長、自由党の小沢共同代表、社民党の吉田党首は7日夜、六本木のうどん店で会食したと。 3党が結束することで、次期衆院選で共産党との共闘に消極的な民進党をけん制する狙いがあると。 民進党と共産党の仲介を図る狙いがあると。 とんだお笑いだ。 とっくに存在価値を失った自由党と...
民進党の機能不全を証明した蓮舫代表の口頭注意発言
165

民進党の機能不全を証明した蓮舫代表の口頭注意発言

 きのうの書いたばかりだ。 二階自民党幹事長らと会食しながら意見交換をした野田幹事長・安住代表代行らは、一体何を考えているのか。 安倍自民党政権との対決姿勢は八百長芝居なのかと。 その批判に答えるかのように、蓮舫民進党代表が7日、野田幹事長らを注意したらしい。 きょう12月8日の各紙が小さく報じた。 自民党の二階幹事長...
わが目を疑う自民・民進両幹事長の会食会談
329

わが目を疑う自民・民進両幹事長の会食会談

 きょう12月7日の各紙が小さく報じていた。 自民党の二階俊博幹事長がきのう12月6日昼、民進党の野田佳彦幹事長と会食し国会の重要案件について話し合ったという。 会食には林幹雄自民党幹事長代理、安住淳民進党代表代行らが同席したと。 何というニュースだ。 終盤国会で与野党の対立が激化するなかで、会食しながら国会情勢を話し...
見なくてもわかるきょう12月7日の国会党首討論の不毛
250

見なくてもわかるきょう12月7日の国会党首討論の不毛

 きょう12月7日、五カ月ぶりの党首討論が行われるという。 しかし、その結果は見るまでもない。 安倍首相の愚にもつかない長口舌を聞かされて終わる不毛な党首討論になることは目に見えている。 野党共闘が本気で挑めばそうはならない。 民進党がその持ち時間のすべて共産党にゆずり、共産党の志位委員長が野党の持ち時間のすべてを使っ...
「戦後政治の総決算」を食い散らかす安倍首相を持つ不幸
269

「戦後政治の総決算」を食い散らかす安倍首相を持つ不幸

 今回の安倍首相の真珠湾訪問について、きょう12月7日の産経新聞が田北真樹木記者の署名入り記事で書いている。 安倍首相は5日夕、国会内の自民党総裁室で開かれた自民党の役員会で唐突にこう語ったという。 「戦後政治の総決算に挑むつもりだ」と。 くしくも中曽根康弘首相の在職日数1806日を抜いて戦後歴代4位になったばかりの日...
ハワイ会談の最大の見どころはゴルフをさせてもらえるかだ
318

ハワイ会談の最大の見どころはゴルフをさせてもらえるかだ

 わざわざ夜に記者会見を開いて、ハワイのアリゾナ記念館訪問と日米首脳会談を発表する。 これは、安倍首相の究極のサプライズ外交であり、パフォーマン外交だ。 トランプ氏が大統領選に勝った直後に見せたドタバタぶりによって失ったオバマ大統領との関係を修復し、日米関係は不変であることをアピールする一石二鳥の名誉挽回策だ。 広島訪...
新党憲法9条のめざすものー新たな動画の紹介
273

新党憲法9条のめざすものー新たな動画の紹介

なぜいまこそ新党なのか。 そしてそれはなぜ新党憲法9条でなくてはいけないのか。 そのことを説明したあらたな動画を配信しましたので以下のURLで見て下さい。 賛同できるなら拡散してください。  https://www.youtube.com/watch?v=KZB3aYKxsjY https://www.youtube....
新党憲法9条の拡散に向けたあらたな動画の紹介
251

新党憲法9条の拡散に向けたあらたな動画の紹介

 私はいまから10日ほど前に、新たな動画を収録し、それを新党憲法9条のHPにアップして、新党憲法9条のさらなる拡散に役立てようと考えました。 やっとその最初の部分が完成し、きょう配信することができました。 末尾に記載したURLを参照願います。 これはほんのその一部に過ぎませんが、作業が終わり次第、これから順次配信してい...
安倍・トランプ会談によって決定的に終わった安倍・オバマ関係
433

安倍・トランプ会談によって決定的に終わった安倍・オバマ関係

 共同通信が大スクープを書いた。 きょうの多くの地方紙は、それを大きく報じているに違いない。 その一方で、大手新聞は完全無視を決め込むだろう。 それだけ見事な大スクープであるということだ。 それだけ、安倍首相にとっては面目丸つぶれの大スクープであるということだ。 その大スクープとは何か。 あの安倍・トランプ会談は、やは...
籾井会長がクビになっても何も変わらないNHKの安倍従属
386

籾井会長がクビになっても何も変わらないNHKの安倍従属

 きのう日12月3日の各紙が書いていた。 来年1月24日の任期満了をもって、籾井NHK会長が退任することになったと。 就任早々に失言、暴言を繰り返した籾井会長は、とっくに更迭されるべきだったのに、よくも任期満了まで4年間も続いたものだ。 しかし、籾井会長が交代したところで、NHKの安倍政権に対する絶対服従は何も変わらな...
安倍首相、これ以上日本外交を笑いものにしてくれるな
500

安倍首相、これ以上日本外交を笑いものにしてくれるな

  岸田外相が訪ロしてプーチン大統領に会ったという。 それを報じる今朝12月3日の各紙の報道を見て、笑うしかなかった。 目をこらして何とか成果らしきものを見つけようと努力したが皆無だった。 安倍首相の親書を手渡すためにだけ訪ロしたということだ。 文字通り外務大臣が安倍首相の使い走りをさせられた訳だ。 報じられる唯一の成...
株式相場とかけて安倍首相の政策と解く。そのこころは・・・
459

株式相場とかけて安倍首相の政策と解く。そのこころは・・・

 このところ、株式相場が堅調のようだ。 結構なことだ。 しかし、なぜだろう。 トランプが勝ちそうになった時急落したのに、大統領になったとたん急騰した。 大統領になったら現実的になるだろうという期待からだという。 そんな株式相場に、さらに拍車をかけるのがOPECの減産合意だという。 これでオイルマネー投資が活発になるから...
池田大作は「生ける屍」、「ミイラ」と書いた高野孟の勇気
508

池田大作は「生ける屍」、「ミイラ」と書いた高野孟の勇気

 12月1日号の日刊ゲンダイ「永田町を読む」は国民必読だ。 ジャーナリストの高野孟氏が、日本の政治を歪める創価学会と公明党を徹底批判している。 創価学会や公明党を批判する記事には驚かない。 それらはすでに多数あるからだ。 しかし、私が国民必読だと書いた理由は、その記事の中で高野孟氏が、創価学会の名誉会長を「生きる屍(し...
野党共闘の起死回生策は「三分の二阻止」への作戦転換だ
338

野党共闘の起死回生策は「三分の二阻止」への作戦転換だ

 政治がまったくつまらなくなった。 安倍自公政権の増長が野放し状態になっているからだ。 それを阻止するはずの野党共闘が行き詰まっているからだ。 しかし、野党共闘にはこれ以上ない起死回生策がある。 私は野党共闘を批判ばかりしているが、それは野党がだらしがないからだ。 本当は野党に頑張ってもらって、一日も早く安倍暴政を止め...
政治が退位問題に結論を出す前に新党憲法9条を実現したい
414

政治が退位問題に結論を出す前に新党憲法9条を実現したい

 天皇退位に関する有識者会議における有識者の意見がひととおり出そろったが意見は分かれたままだ。 それもそのはずである。 天皇陛下が提起された問題は、この国の天皇制についての核心的問題であるからだ。 天皇陛下が8月8日のお言葉で伝えたかったことは何か。 これまでの報道や、天皇陛下のご学友、側近、安倍首相は宮様たちの証言な...
そっくりそのまま安倍首相に当てはまる朴氏「不通政治」の孤立
546

そっくりそのまま安倍首相に当てはまる朴氏「不通政治」の孤立

 朴槿恵大統領による韓国政治の混迷を伝える報道の中で、きょう「11月30日の朝日新聞に「『不通政治』朴氏の孤立」という見出しの大きな記事が掲載されていた。 何の事だろうと思って読んでみると、その意味はこういうことらしい。 今回、朴槿恵大統領が最も批判を浴びた理由は、不通(意思疎通の不在)と言われる政治手法だった。 周囲...
Return Top