天木直人の公式ブログ

2005/3

Month

お知らせ

【バックナンバー】2005-03-31
125

【バックナンバー】2005-03-31

金融庁の行政裁量の大きさ  「小泉・竹中ラインで進められる郵政民営化の強引なやり方の背後には、米国の日本金融支配の戦略が存在する」という指摘が目につくようになった。  例えばサンデー毎日4月3日号では、金融の専門家ではない政治評論家の岩見隆夫氏でさえ次のように語っている、「・・・今牛肉輸入と在日米軍基地再編で日米関係が...
【バックナンバー】2005-03-29
150

【バックナンバー】2005-03-29

「国家の罠」という凄い本  「国家の罠」という凄い本が新潮社から出版された。鈴木宗男事件に関係して逮捕・起訴された佐藤優元外務省所職員の手になる告発書である。  さっそく購入して目を通した。そして推測していた以上に卑劣な事が外務官僚と検察官僚によって行われていたことを知った。この国の闇を見る思いがした。  しかし、この...
【バックナンバー】2005-03-28
124

【バックナンバー】2005-03-28

最近読んだ興味深いニュースこぼれ話を紹介する。読者の中には読まれた方もおられるかもしれないが、繰り返し読む価値があると思う。コメントはしない。ニュースが物語ってくれるから。    フセインは穴蔵で捕まったのではない   ナデム・アボウというレバノン系アメリカ人の海兵隊員が、辞めた後、サウデイアラビアの「アル・メデナ」紙...
【バックナンバー】2005-03-27
129

【バックナンバー】2005-03-27

漫画家ちばてつやの証言  「わいせつ図画裁判で証言 ちばてつや」という見出しにひかれて、3月27日付東京新聞の記事を読んだ。 わいせつ図画販売罪に問われた出版社の社長、貴志元則被告(56)の裁判が東京高裁で行われた。面識のなかったこの被告からの依頼に、「あしたのジョー」の生みの親、漫画家ちばてつや(66)が証人に応じた...
【バックナンバー】2005-03-26
130

【バックナンバー】2005-03-26

外交はオセロゲームか  25日の朝日新聞が現在の日本外交の手詰まりを嘆いていた。当面の課題である6カ国協議に参加しているすべての国との関係が最悪になっているというのだ。拉致問題を抱えた北朝鮮や靖国問題で冷え切ってしまった中国との関係はもとより、韓国大統領の対日批判の遠因も、竹島問題についてなんらの手を打ってこなかった政...
【バックナンバー】2005-03-25
146

【バックナンバー】2005-03-25

二つの記者会見   23日に行われた二つの記者会見は対照的であった。一つは癒されてもう一つは苛立ちをおぼえた。  癒された記者会見は海賊による拉致から無事に解放された井上信男船長と黒田俊司機関長の記者会見だ。海賊という許しがたい犯罪に巻き込まれた彼らはとんだ災難であった。怖い思いをしたことだろう。臆病な私など世をうらみ...
【バックナンバー】2005-03-24
113

【バックナンバー】2005-03-24

ブッシュ大統領の兵役逃れ  サピオという月刊誌に時々貴重な情報が掲載される。今発売されている4月13日号もそうだ。米国メディアの最新動向を鋭くウオッチするコロンビア・ジャーナリスト・レビュー誌というのがあるらしい。そのアシスタントエデターであるコリー・ペイン女史のレポートが転載されている。大統領選挙の最中にブッシュ大統...
【バックナンバー】2005-03-23
137

【バックナンバー】2005-03-23

国連改革に関するアナン報告書に思う(その1)  私は外務省にいた頃の自らの経験から、安保理事会常任理事国入りに必死になっているわが外務省の独り相撲が、どれだけ馬鹿げたことかを指摘し続けてきた。それは要するに、米国の顔色ばかりを見て世界の期待を裏切り続けてきた日本が、大きな財政負担をしているからといって権限拡大を主張した...
【バックナンバー】2005-03-22
125

【バックナンバー】2005-03-22

イラク問題を風化させてはならない  イラク戦争が始まってから丸二年が過ぎた。1月末の国民選挙の終了以来、イラク戦争に関する記事がめっきり減った。それどころかあの戦争に一定の評価を与えて、もはや過去の戦争であるかのように風化させてしまいたい意図を感じる記事さえ見られる。 ブッシュ大統領は開戦2年目にあたる19日(日本時間...
【バックナンバー】2005-03-08
108

【バックナンバー】2005-03-08

憲法をめぐるこの国の政治家と国民の乖離  世論調査の数字は新聞によって、調査の時期によって差はあるが、それでも国民の半数以上は憲法9条の改正に慎重である。その一方で改憲が必要と考えている政治家は8割から9割に上るという。これはどういうことか。国民の意思を国政に実現するのが政治家の仕事ではないのか。自分の意見を正しいと思...
Return Top