天木直人の公式ブログ

【バックナンバー】2005-04-17

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
カダフィ父子と会談して喜ぶ小泉首相
 いよいよおかしくなってきた。小泉首相の外交感覚のことである。それをお膳だてする外務官僚の感覚のことである。
4月4日に小泉首相はリビアのカダフィ大佐(最高指導者)の次男を官邸に招待して会談したと思ったら、今度は親父のカダフィ大佐とジャカルタで会談するという(4月15日朝日夕刊ほか)。
冗談じゃあない。日本の総理がカダフィと会って何を話すというのか。カダフィがどんな男か知らないのか。その昔米国からテロリストと名指しされて、暗殺の標的にまでなった男だ。その男が、米国に脅かされ核放棄したため、米国に評価され、米国の宣伝塔のようになってしまった。今では米国の片棒を担いでアラブの強硬派や北朝鮮に、「俺のように米国に従ったほうが身のためだ」と説いてまわっている男だ。
カダフィの評判はアラブの中でも格別に悪い。アラブ首脳会議ではサウジや、イラクの代表と罵り合いをする男だ。レバノンの元国会議長を誘拐、暗殺したとして今でもレバノンから拒否されている男だ。リビア国内では軍事独裁者だ。日本の首相がカダフィと会談するのは小泉首相が初めてだという。それはそうだろう。日本の総理がカダフィなんかにあったところで何のプラスにもならないと思われてきたからだ。
おかしいと思っていたら、4月16日の日刊ゲンダイを読んで合点がいった。アジア・アフリカ首脳会議に出席する小泉首相は、中国のコキントウ国家主席と会談したいのだが、その会談が断られる可能性があるという。その時に備えて時間つぶしに会談をセットしたというのだ。しかもカダフィ大佐が北朝鮮と友好関係にあるということで、北朝鮮問題に関して協力を要請するという。なんと情けない外交か。そんなことでもしないと北朝鮮との懸案を前進させる事が出来ないのか。
本当に日本の外交はおかしくなってきた。もっとも小泉とカダフィ、パフォーマンスの見地からはふさわしい。マスコミがどんな報道をするの、今から楽しみにしておいてもよい。
反日運動の真の原因は小泉首相の存在だ
 今回の中国、韓国の反日運動がどのように展開していくのか、今のところ不透明だ。しかし一つだけはっきり言えることは、その根底には「日本の過去」に対する抜き差しならぬ反感があるという事実である。そしてその感情を逆なでしてきた最大の原因が小泉首相の言動なのだ。つまり、この反日運動の真の矛先は小泉首相に向けられているのである。
この事に皆が気付いているのに、決して語らない。新聞やテレビの報道は意識的に小泉首相の責任追及を避け、悪いのは暴動を抑えようとしない中国や韓国の政府当局であるなどと繰り返している。
そんな中で野田毅自民党代議士の次のような意見が4月17日の産経新聞に載っていた。日頃から反中国の姿勢を貫いている産経新聞が、こんな記事を載せているのも面白い。
「・・・中国の底流に反日、嫌日の流れが強いということは冷静に見るべきだ。官製デモという見方があるが、実際は強く規制しなかったということだ。愛国教育が抗日に結びついた部分もあるがそれがすべてではない・・・
 日本人からすれば何度も謝罪しており、何べん謝れば済むのかといういらだちがあるが、彼らからすれば日本はうわべでは謝っていても真剣に反省していないと思っている。
 その象徴が靖国神社参拝問題だ。日中国交化の原点は、「先の大戦の責任はA級戦犯にあり、一般の国民には責任はない」という理屈で中国が戦後賠償を放棄したことだ。だから首相の靖国参拝は中国から見るとA級戦犯の名誉を回復し顕彰しようとするばかりか、日本が国交正常化の原点を否定しようとしているように見えるのだ・・・中国政権内部にも愛国教育を変えていこうという新思考がある。その人たちが動けるようにしなければならない。小泉首相の靖国参拝はそういう動きを妨げている・・・自分の言いたい事や、やりたい事だけをやるのが外交ではない」
 このような意見をよそに、相変わらず小泉首相は、「安全の確保は中国側に責任がある。よく自覚してもらいたい」などと強硬姿勢を崩そうとしない。そうかと思えば、福岡二区の補欠選挙の応援演説の中で、「韓国、中国で私は最近、葬式を出されている。遺影や棺桶まで作ってくれて」などと軽口を叩いている(17日日経新聞)。
中国や韓国の国民全体を敵に回すと取り返しがつかないことになる。小泉首相の暴言に手も足も出ない日本国民にかわって、中国、韓国の反日運動が小泉首相の命運を絶つかもしれない。
コメント0件298

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top