天木直人の公式ブログ

2005/6( 2 )

Month

お知らせ

【バックナンバー】2005-06-15
199

【バックナンバー】2005-06-15

希代の悪法「共謀罪」が成立する! サンデー毎日6月26日号に驚くべき記事が載っていた。「武富士事件」を追及したジャーナリストの山岡俊介氏が警鐘を乱打している。 すなわち政府は会期を延長して今国会で多くの法案を通そうとしているが、その中に刑法改正案があるという。そしてその改正によって、「共謀罪」をつくろうとしているという...
【バックナンバー】2005-06-14
204

【バックナンバー】2005-06-14

「外交はホビー」と言い放つ無神経さ  週刊朝日の6月24日号で田原総一郎が次のように書いている。「ギロン堂」という彼の連載コラムの中の文章である。  「・・・小泉首相は、かつては常任理事国入りに極めて消極的であった。その小泉首相がなぜ方針を転換したのか。私は外務省の幹部にその理由を問うた。オフレコの約束なので名前は出さ...
【バックナンバー】2005-06-13
162

【バックナンバー】2005-06-13

「非核」日本の名前が泣いている  先般のニューヨークでの核不拡散条約再検討会議における日本政府の対応を見ても明らかなように、唯一の被爆国が売り物の日本政府が掲げる核廃絶は、あまりにも偽善的である。米国が、実用化に向けて小型核兵器を開発しようとしているにもかかわらず、抗議の一言も無い。  そう思っていたら、もっと情けない...
【バックナンバー】2005-06-12
195

【バックナンバー】2005-06-12

昭和天皇の「中国認識」  11日の毎日新聞、「近聞遠見」で岩見隆夫氏が気になることを書いていた。元宮内庁式部官長の安倍勲(元外交官、国連大使などを経歴)が6月3日の死去したことを偲んで、生前安倍が語っていた言葉を想起しているのだ。  その記事の中で岩見は、昭和天皇が亡くなって間もなくの頃の、安倍氏の毎日新聞でのインタビ...
【バックナンバー】2005-06-11
233

【バックナンバー】2005-06-11

隠れて進められている日本の米軍基地化  米軍再編への日本の協力は、国民には殆ど伝わってこないが、確実に既成事実化されつつある。  11日の朝日新聞に、「米軍が座間市の不動産業者を集めて住宅供給を打診していることが判明した」という記事があった。複数の地元業者によると、米軍は500戸前後の戸建てやマンションの供給を求め、打...
【バックナンバー】2005-06-10
148

【バックナンバー】2005-06-10

泣く子を拒む  毎日新聞の夕刊に「戦後60年の原点」と題して、沖縄本土決戦の模様が連載されている。やがて単行本になって出版されるであろうこの連載は、日本中が戦争を知らない世代に覆いつくされていく後世に、必ず語り継がれていかなければならない貴重な記録の一つであると私は思う。  その連載の6月9日夕刊に、つぎのような文章が...
【バックナンバー】2005-06-09
142

【バックナンバー】2005-06-09

まだ騒いでいるのか靖国問題  中国から帰ってきた。日本の新聞はまだ靖国問題に関する相も変わらない記事ばかりだ。 中国を離れる直前の8日の北京飛行場に、橋本龍太郎が大勢のお付を従えて現れた。日本に帰って9日の新聞を見たら、橋本がトウカセン国務委員(元外相)と会談したという記事があった。 同じ9日の新聞に、加藤元自民党幹事...
【バックナンバー】2005-06-04
195

【バックナンバー】2005-06-04

私は5日から8日まで北京に行きますので「メディアを創る」は9日まで休みます。ご了承下さい。 英雄か裏切り者か  ニクソン元大統領を辞任に追い込んだウォーターゲート事件で、ワシントン・ポスト紙に情報提供した「デープスロート」が名乗り出た。連邦捜査局(FBI)の副長官マーク・フェルト氏(91)だったというニュースが全米を揺...
【バックナンバー】2005-06-02
182

【バックナンバー】2005-06-02

普天間基地の返還だけで終わらせてはならない  2日の新聞各紙の中で最大のニュースは、毎日新聞の「普天間基地を辺野古沖へ移転することを日本政府が断念した」というスクープである。 日米両政府で続けられている在日米軍再編の協議は日本国民にとって最大の関心事である。それにもかかわらず政府は一切を国民に明らかにせずにコソコソと隠...
【バックナンバー】2005-06-01
177

【バックナンバー】2005-06-01

昭和天皇こそ最大の米国追従者だった?  1日の朝日新聞が大スクープを放った。立教大学の中北教授と沖縄国際大学の吉次助教授が、それぞれ米国で公文書を発見し、終戦直後から70年代初めの間に、昭和天皇が米国の日本占領に感謝し、米国の軍事力の行使を賞賛していた数々の発言をしていた事を明らかにしたと報じたのだ。  これが本当なら...
Return Top