天木直人の公式ブログ

2007/2

Month

お知らせ

市民が社会を担う時代とその時のおける政治家の役割
218

市民が社会を担う時代とその時のおける政治家の役割

 市民が社会を担う時代とその時における政治家の役割  政治家は何のためにあるのか。政権を奪い合うことではない。選挙に勝つ為の票集め、資金集めに奔走することではない。人気取りのために国民に迎合することではない。テレビにゲスト出演し顔を売ることではない。政治家は国民の暮らしと安全を確保するために公務に専念するためにあるので...
閑話休題 CIAの極秘文書が教えてくれた戦後の暗黒史
333

閑話休題 CIAの極秘文書が教えてくれた戦後の暗黒史

閑話休題 CIAの極秘文書が教えてくれた戦後の暗黒史  今日のブログは書くほうも、読むほうも気が重くなるような内容であると思う。しかしどうしても書いておかなければならない。私がこのブログを書き続けるためにも、早い段階で問題提起をしておかなければならない。そう思って書いた。  2月26日の読売朝刊は、米国中央情報局(CI...
縮小する在韓米軍、強化される在日米軍
248

縮小する在韓米軍、強化される在日米軍

 縮小する在韓米軍、強化される在日米軍  米軍が握り続けてきた韓国軍の指揮権が、ついに2012年に韓国に移管されることになった。2月25日の新聞各紙はこの歴史的合意について一斉に報じている。しかしどの新聞もその背景にある米国の安全保障政策の転換について触れることはない。気づかないのか、それとも知っていながら書かないのか...
クラスター爆弾禁止に踏み切れない日本外交の迷走
189

クラスター爆弾禁止に踏み切れない日本外交の迷走

 クラスター爆弾禁止に踏み切れない日本外交の迷走  日本外交が建前と本音において大きく乖離していることは今に始まったことではない。しかしクラスター爆弾の禁止に日本がここまで消極的な事には驚かされる。しかも消極的になる真の理由がはっきりとしない。クラスター爆弾禁止をめぐる日本外交の迷走は、またひとつ日本外交に汚点を残した...
閑話休題  「赤ちゃんポスト」は悲しすぎる
38

閑話休題  「赤ちゃんポスト」は悲しすぎる

閑話休題     「赤ちゃんポスト」は悲しすぎる。  これは政治問題の解説でもなんでもない。私の心情の吐露である。  熊本市の病院が、保護者が育てられない新生児を預かる「赤ちゃんポスト」の設置を申請している問題で、厚生労働省は22日、「医療法や児童福祉法などに違反しない」として設置を認める見解を示したという。それがニュ...
消費財3%導入の舞台裏を得意げに語る加藤寛
168

消費財3%導入の舞台裏を得意げに語る加藤寛

 消費税3%導入の舞台裏を得意げに語る加藤寛  経済学者の加藤寛氏が、読売新聞の連載「時代の証言者」で自らの自慢話を書いていること、その自慢話の中には、政策決定の興味深い裏話がはからずも垣間見えること、だからこの連載からは目が離せないことについて、私は2月7日のブログで指摘した。そしてその時、小泉前首相の郵政民営化が如...
マッカーサーの再来を想起させたチェニー副大統領の来日
204

マッカーサーの再来を想起させたチェニー副大統領の来日

 マッカーサーの再来を想起させたチェイニー副大統領の来日  2月18日のブログで私はチェイニー副大統領の報道から目を離してはならないと書いた。それは今回のチェイニー副大統領の来日によって、日本が更なる対米軍事協力を迫られるに違いないと危惧したからだ。だから政府が流す情報を画一的に伝える報道の裏で、少しでも真実に迫る努力...
ブログ再開一ヶ月半で感じること
237

ブログ再開一ヶ月半で感じること

ブログ再開一ヶ月半で感じること  私が今年の1月9日からブログを再開して一ヶ月半が経とうとしている。毎日アクセス数は5000を超えるまでになった。累計では約20万である。しかしこの程度のアクセス数で、私が目的とする国民の覚醒が可能であろうかと無力感に襲われる。限られた読者の間の暇つぶしに終わっていないかと自問する。  ...
「皇室は抵抗勢力」と叫んだ小泉前首相
269

「皇室は抵抗勢力」と叫んだ小泉前首相

 「皇室は最後の抵抗勢力」と叫んだ小泉前首相  やはりこの発言を取り上げざるをえないだろう。「皇室は最後の抵抗勢力」と小泉前首相が叫んでいたというのだ。今発売中の3月4日号のサンデー毎日がスクープした。  かつて私は1月19日のブログで保守・親米のジャーナリストである舟橋洋一氏の週刊朝日の連載を引用し、イラクへの増派を...
閑話休題 真の格差は一般国民と不当に優遇されている公務員の間にこそある
37

閑話休題 真の格差は一般国民と不当に優遇されている公務員の間にこそある

閑話休題 真の格差は一般国民と不当に優遇されている公務員の間にこそある。  このブログを毎日書き続ける際に私が常に心がけている事が二つある。一つはメディアが一斉に報じ、皆が同じような意見を述べているような大事件については繰り返さないということである。それは誰が書いても同じであるからだ。もう一つは右翼のブログによく見られ...
Return Top