天木直人の公式ブログ

2007/4

Month

お知らせ

京都で一人考える
237

京都で一人考える

京都でひとり考える   連休の真っ只中である。私はその連休を京都で一人過ごしている。   京都生まれで、京都そだちの母が、人生で一度だけ自己主張した事があった。京都に家を建ててくれと父にせがんだ事だ。無理をして親戚から土地を借り、父の退職金を前借して家を建てた。もう50年近くも前の話である。   新聞記者であった父は出...
安倍訪米ー無意味な解説記事より裏話から真実に迫れ
203

安倍訪米ー無意味な解説記事より裏話から真実に迫れ

安倍訪米―無意味な解説記事より裏話から真実に迫れ    安倍首相訪米の記事を読む時、私は解説や評価の記事を重視しない。それは書き手の意見であり感想に過ぎないからだ。そんなものを読んだところで勉強にはならない。かつてイラク戦争が始まった時に岡崎久彦外務省OBはあるセミナーの席で「昔は東大の教授(北岡伸一と田中明彦)がイラ...
連休明けから政治が動く予感がする
187

連休明けから政治が動く予感がする

 連休明けから政治が動く予感がする  安倍首相の訪米が終わった。それを報じるどの記事を読んだところで何も本当の事はわからない。そもそも日本にとって得る物のない訪米である事は以前のブログで書いた。得る物がないどころか安倍首相はみずから強調した「かけがえのない日米同盟」を実績で示さなければならない宿題を背負って帰ってくる事...
閑話休題は言葉使いの誤り
21

閑話休題は言葉使いの誤り

閑話休題は言葉使いの誤り    以前読者から指摘を受けて、あらためて辞書を引いてみた。閑話休題という語は、話しを本筋に戻すときに用いる言葉で、「むだばなしはさしおいて、それはさておき」という意味であるとなっている。私は無駄話という意味で使っていたつもりであったので、誤って使っていたわけだ。だから次回からは無意味な事をブ...
西尾幹二氏の安倍批判に保守・右翼はどう答えるか
175

西尾幹二氏の安倍批判に保守・右翼はどう答えるか

西尾幹二氏の安倍批判に保守・右翼はどう答えるか  4月27日の産経新聞「正論」に西尾幹二氏の意見が載っていた。「慰安婦問題謝罪は安倍政権に致命傷」というタイトルの主張である。この主張は、安倍首相がこれほどまでに信念を曲げ、隠して迷走しているというのに保守・右翼主義者たちが奇妙に沈黙し続けているという、「保守・右翼の身を...
特殊法人の赤字を国民の負担で補填していた事実
274

特殊法人の赤字を国民の負担で補填していた事実

特殊法人の赤字を国民の負担で補填していた事実    4月25日の日経新聞は一面トップで一大スクープを報じた。橋本行革の名の下に2003年度以降次々と行われた特殊法人の独立行政法人化の陰で、特殊法人が抱えていた繰越欠損を政府出資金で穴埋めしてチャラにしていた事を告発したのだ。今日まで54の特殊法人が49の独立行政法人に移...
国の介護放棄政策を糾弾する多田富雄東大名誉教授を応援しよう
201

国の介護放棄政策を糾弾する多田富雄東大名誉教授を応援しよう

国の会議放棄政策を糾弾する多田富雄東大名誉教授を応援しよう  記憶がさだかではないが最近の新聞で米国のどこかの州が州法を改正し、病院が患者を路上に捨てる事を禁止したというニュースを読んだ。その記事を読んだ私は、米国の格差社会もついにここまで来たのかと思ったものだ。金持ちが高額の契約料を払って個人ドクターを24時間キープ...
安倍首相の根本的矛盾、対米追従外交の限界
201

安倍首相の根本的矛盾、対米追従外交の限界

安倍首相の根本的矛盾、対米追従外交の限界   22日のブログで私は今回の安倍首相の訪米がまったく安倍首相にとって、そして日本にとって楽しくない訪米になるだろうと書いた。ひたすら「日米同盟の重要性」を演出するだけの芝居となるであろうと書いた。皮肉にもその原因は安倍首相自身の自己矛盾と日米同盟強化を唱えることしかしてこなか...
外務省を劣化させる外務官僚
235

外務省を劣化させる外務官僚

外務省を劣化させる外務官僚  いまさら外務官僚批判はしたくはない。やるせないからだ。しかし批判せざるを得ない時もある。外務省という立派な組織を無能な外務官僚が壊している。それを端的に物語る三つのエピソードを4月の報道で見た。外務官僚は特殊なエリートだと信じている一般国民にとっては驚きかもしれない。しかしこれが今の外務官...
慰安婦問題で米国メディアに謝罪した安倍首相の迷走ぶり
204

慰安婦問題で米国メディアに謝罪した安倍首相の迷走ぶり

慰安婦問題で米国メディアに謝罪した安倍首相の迷走ぶり  今回の安倍首相の訪米ほど盛り上がらないものはない。訪米直前であると言うのに新聞もほとんど報じていない。報じる内容が無いのだ。一体何のための訪米なのか。  22日の日経新聞は一面でアフガンへの復興について首脳会談で資金協力を表明すると報じた。これには驚いた。自衛隊の...
Return Top