天木直人の公式ブログ

2007/6( 2 )

Month

お知らせ

来週公開されるというCIA(米中央情報局)の機密報告書に注目しよう
220

来週公開されるというCIA(米中央情報局)の機密報告書に注目しよう

来週公開されるというCIA(米中央情報局)の機密報告書に注目しよう   23日の各紙はワシントン発共同として、22日の米国ワシントン・ポスト紙の注目すべき記事を紹介している。すなわち、CIA(米中央情報局)が1950年ー70年代に行った非合法活動に関する報告書が機密解除され、来週公開されるというのだ。   ワシントン・...
参院選全国比例区の不平等さ
260

参院選全国比例区の不平等さ

参院選全国比例区の不平等さ   22日の読売新聞に、今度の参院選には落選中の衆院議員経験者が続々と参院に鞍替えするという記事があった(「参院選 新風景」)。そのなかで、小沢民主党代表が候補者に語った「辻立ちを一生懸命やれ。ニコニコと笑顔を忘れずにな」という言葉が紹介されていた。 なぜこの候補者は全国比例代表の候補者であ...
内部告発と行政の責任
19

内部告発と行政の責任

内部告発と行政の責任   昨日21日のブログで内部告発は報われないということを書いた。それは、内部告発者は裏切り者として逆恨みを買い、不利益な処遇を受けこそすれ,決して評価されないからである。   しかし、それ以前の問題として、意を決して行なった内部告発がまったく聞き入れなかった場合はもっと惨めだ。   数日来頻繁に報...
イラク派遣2年延長に大義はあるのか
195

イラク派遣2年延長に大義はあるのか

  イラク派遣2年延長に大義はあるのか   改正イラク復興支援特別措置法が20日の参院本会議で自民、公明両党の手で可決された。ただでさえ十分な審議がなされない国会の、しかも会期末のどさくさの中で行なわれた法案採決だ。これで航空自衛隊の米軍支援活動がさらに一年延長されることになった。   復興支援と言いながら、サマワの復...
私はあなただ、あなたは私だ⑮
16

私はあなただ、あなたは私だ⑮

私はあなただ、あなたは私だ⑯ 6月20日 国弘正雄先生 応援メッセージ http://www.youtube.com/watch?v=RH18Oqg0Ouc 6月20日 ベンジャミン・フルフォード氏 応援メッセージ http://www.youtube.com/watch?v=72H49mpAmvI 6月20日 ビル・...
内部告発者を守る政治の実現
218

内部告発者を守る政治の実現

内部告発者を守る政治の実現    発売中のクーリエジャポン7月号に、内部告発者たちを苦しめるブッシュ政権の“報復”という記事がある。これを読んで暗い気持ちになった。    日本のような村八分の社会では、内部告発者は裏切り者とみなされる。だから正義感から悪を内部告発したところで、人生を棒に振ることはあっても決して評価され...
ネット規制に乗り出し始めた国家権力
255

ネット規制に乗り出し始めた国家権力

   ネット規制に乗り出し始めた国家権力    20日の新聞記事の中で、私が最も興味を持って読んだのはこの記事である。すなわち、朝日と日経は、総務省(旧郵政省)がいよいよインターネット配信を規制する動きに出た事を大きく報じている。 総務省の研究会(通信・放送の総合的な法体系に関する研究会)が中間報告を出した。その中で、...
英機密文書が明かす昭和天皇の言葉
317

英機密文書が明かす昭和天皇の言葉

 英機密文書が明かす昭和天皇の言葉    私がブログを書き続ける最大の理由は、私が見つけた重大な真実を読者に共有し、ともに考え、ともに向上して行きたいと思うからである。今日のブログもその一つである。    私はあらたな真実を知るとあらたな考えを抱く。そしてその考えを読者に伝える。しかし決してそれを押し付けるつもりはない...
私はあなただ、あなたは私だ⑭
16

私はあなただ、あなたは私だ⑭

 私はあなただ、あなたは私だ⑭  週末は土曜に京都へ行って京都の9条ネット設立講演会に出席した。京都ネットが私を応援してくれることになった。京都は私が60年の人生でもっとも長く住んだ所だ。中学2年の時移り住んで、高校、そして大学を経て東京へ旅立って以来、東京と外国を数年ごとに転勤する半生であった。だから結果的には8年間...
沖縄密約の証拠がまた見つかった

沖縄密約の証拠がまた見つかった

  沖縄密約の証拠がまた見つかった   17日の東京新聞の一面に「日米密約の資料発見」の大見出しでスクープが踊った。沖縄に核持込を認めた密約の存在を示す新たな資料がまた米国の国立公文書館で見つかったという。   私は毎日主要日刊紙に目を通すのであるが、移動中はすべての新聞に目を通すことが出来ない場合がある。その日の朝も...
Return Top