天木直人の公式ブログ

政権を倒すことが野党の仕事だ

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 政権を倒すことが野党の仕事だ
  政権交代が起こりうる政治状況こそ、国民が主役の健全な民主政治である。
  この自明なことが、戦後の日本の政治では起こりえなかった。
  それが初めて現実のものになりつつある。それを示したのが山口2区の補欠選挙のであった。
  この選挙をきっかけに日本の政治は動き出す。日本は政治の季節に突入する。
  それを政治屋や政治記者たちの飯の種に終わらせてはいけない。
 
  今度こそ国民の手で、国民が主役の政治づくりにつなげなければならない。
  これから様々な論説がメディアに飛び交う事になるであろう。
  その前にいくつかの点を指摘しておきたい。
  まず今回の選挙で自民党の終焉がはっきり見えた。小泉元首相が自民党を壊した事が証明された。小泉元首相の人気にすがり、小泉元首相の売国政治を防ぐ事の出来なかった自民党の自滅である。
  今度の選挙の敗北に限っては、福田政治の完全な失敗だ。民意が反対だといっているガソリン税再議決を、選挙の結果がどうであれ強行すると選挙前に発言した。後期高齢者医療保険制度の撤廃を民意が認めているのに、制度は悪くない。説明不足だ、と選挙演説でも言い続けた。
  官僚政治を否定できなかった福田首相の限界である。もはや「解散・総選挙をしないことが福田首相に残された唯一の仕事である」などと言われている。ますます国民の支持を失っていくだろう。
  それにもかかわらず、解散・総選挙の熱気一向に伝わってこない。ここにこの国の政治の大きな問題がある。政治に対する国民のエネルギーの欠如がある。
  今後の政局のポイントは、解散・総選挙が遠のく中での、政界再編の動きである。
  その理由は簡単だ。自民党が生き残るには選挙を遅らせ、その間に小沢民主党に楔を打ち込んで解党的政界再編を仕掛けていくしかない。
  そしてその素地は民主党の中に十分にある。今度の民主党の勝利を素直に喜べない民主党議員が多数いるからだ。
  おまけにメディアがそれに味方しているかのようだ。メディアを見ていると不思議なほど政権交代の熱気が感じられない。自民党の敗北を残念がっているかのようだ。早期解散・総選挙より、政界再編を期待しているごとくだ。小沢政権の誕生を喜ばないごとくだ。
  解散・総選挙が遠のけば遠のくほど、小沢民主党による政権交代の可能性は遠のいていく。この事を小沢民主党は肝に銘じるべきだ。
  私は小沢民主党に次の言葉を送りたい。山口補選直前の4月26日の毎日新聞「発信箱」で松田喬和論説委員が引用していた三木武吉の言葉である。
  (野党の仕事は)何が何でもそのときの政権を倒す。政策も何もない。とにかく政権を倒す事が野党の仕事だ。
   小沢民主党の真価が問われるのはまさに今である。今をおいてない。
295
Return Top