天木直人の公式ブログ

 また出たブッシュ政権元高官によるイラク戦争批判

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 「小泉構造改革」という言葉を今でも繰り返すメディアの罪
  30日の朝日新聞は、連載経済記事である「変転経済」の最終回(48回)として、小泉構造改革を取り上げていた。
 その記事が言おうとしている事はおおむね次の通りだ。
「 ・・・バブル崩壊後、改革を進められない政府・与党に国民は失望していた。
 そこに登場したのが、「自民党をぶっ壊す」と宣言する小泉純一郎だった。
 その変人宰相を利用する形で学者や経済人らが、自らの思いである抜本的な政策転換を図ろうとした。
 集まった民間人には二つの流れがあった。一つは官僚主導の場当たり的な経済政策に失望していた経済学者ら、もう一つは米国型経営を志向する経営者らだ。
 前者の代表が竹中や八代尚宏(上智大教授)、後者の代表が牛尾治朗(ウシオ電機会長)や宮内義彦(オリックス会長)だ。
 両者に共通していたのは「時代に必要な抜本的な政策転換は、非官僚政権でやるしかない」という思いだった。
  彼らは小泉が首相になる前から勉強会を重ねて小泉氏に考えを吹き込んだ。
  郵政民営化に執念を燃やす小泉氏はそれに共鳴した。
  もっとも、郵政改革しか興味の無い小泉氏と財界・学者のチームとは目指すものは同じではなかったが。
 だから、皮肉にも、小泉改革は、郵政選挙の大勝を機に勢いを失った。小泉の熱が冷め、それが周囲にもわかったからだ。
 宮内は言う。「小泉さんは・・・規制改革や公務員改革ももっと徹底してやらなければいけなかった・・・」
 「戦後体制」を変えようというエネルギーが充満するなかで、小泉改革は歴史的必然だった。だが、政権内にも国民にも、目指す社会像の幅広い合意があったわけではない。
 変人宰相の個性にたよった異端の政権の限界はそこにあった。
 日本はいま、「改革疲れ」と格差社会への不安で、再び漂流を始めたかに見える・・・」
 この朝日新聞の記事は一見もっともに見える。
 しかし、意図的かどうかは不明だが、小泉政治の批判にはまるでなっていない。小泉改革のいかさまに何も触れていない。
 奥田碩という小泉政権の最強の後ろ盾についての言及もなければ、小泉政治の最大の特徴である、売国的な対米従属政策についても一言の言及も無い。
 それにもまして、この朝日の記事の最大の罪は、郵政改革しか中身のない小泉政権5年半を、いまだに「小泉構造改革」と呼んで誉めそやしている事だ。
 しかもその郵政改革でさえ、牛尾氏がこの朝日の記事の中で証言しているように、「田中角栄元首相以来の経世会の利権つぶし」でしかなかったのに、である。
 あの時、国民が求めていたのは本当の意味での改革だった。
 ところが小泉元首相は、5年半も政権をあずかりながら、国民が求めていた改革は何一つしなかった。
 小泉政権下でなされたことは、三流学者や利権目当ての財界人の、米国流新自由主義の導入でしかなかった。
 政策に興味のない無能な小泉首相が、それを放置したのだ。
 小泉政治の本性は、中央集権的な官僚支配を温存、強化する一方で、規制緩和、民営化の名の下に、格差を拡げ、弱者をいじめる政策の導入であったのだ。
 それを小泉構造改革と詐称することはもういい加減止めたほうがいい。
  今年2月上旬、小泉元首相の誘いで、郵政民営化をやった連中が都内のレストランに集まったという。その時の光景を、その朝日新聞が教えてくれている。
 話題はもっぱら改革や郵政選挙に集中したという。
 「民営化できたのは奇跡の塊だ。いや、面白かった。」
 小泉の、オペラを楽しむかのような声が響き渡ったという。
 ここにすべてが集約されている。その小泉が臆面もなく出てきて改革が足りないと叫んでいる。
 我々は失われた5年半を今こそ取り戻さなくてはならない。
 
225

 また出たブッシュ政権元高官によるイラク戦争批判

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 アフリカ開発会議を見るアフリカ首脳の声
 私は、28日のブログで、アフリカ開発会議の意義について書いた。
 それは、「意味はあるのだろうが、大騒ぎをして報道するほどのものではない」という程度の会議である、というものであった。
 しかし、会議に出席したアフリカ諸国の首脳の声は、もっと厳しいものであった事が報じられている。
 それらは、どの報道にも、多少なりとも遠慮がちに報じられているのであるが、30日の読売新聞は、今度の会議をもっとも厳しく書いていた。
 外務省幹部は「日本政府主催では最高規模の国際会議になった。日本への信頼感の表れだ」と胸を張る。
 中国は06年に「中国・アフリカ協力フォーラム」に35カ国の国家元首を集めた。日本政府筋は「(それに)見劣りしない数字になった」と安堵の表情を見せた。
 それでは今回のアフリカ会議は単なる出席者数を競い合う会議でしかなかったのか、といわんばかりだ。
 しかも、喧伝された援助予算倍増も、「実態以上に数字を大きく見せる仕掛けが使われていた」とか、温室ガス効果削減目標についても、アフリカの猛反発があって「2050年までに50%削減」という文言を盛り込めなかった、という事実を、明らかにしてくれている。
 しかし、やはりなんといっても、次のようなアフリカ代表の生の声が、正直にこの会議の評価を物語っている。
 「アフリカの将来の成長を支えるのは貿易であり、援助ではない」(南ア・ムべキ大統領)
 「アフリカと日本企業の関係は希薄だ」(ボツワナ・メラフェ副大統領)
 「中国の動きは活発だが、日本のビジネスマンの姿は見かけない」(ルワンダ・カガメ大統領)
 「日本のアフリカ投資の85%がエジプトと南アに集中している」(タンザニア・キクウエテ大統領)
 「実生活で日本の援助の成果を感じたことはない。一般国民は、アフリカ開発会議に期待を抱いていないと思う」(ブリキナファッソ国営放送記者)
 それでも会議は無事に終わった。関係者の苦労をねぎらいたい。
 もっともこれで外務省は当分はアフリカ外交を忘れてしまうに違いない。
225

Fatal error: Cannot redeclare dp_facebook_comment_box() (previously declared in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php:225) in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php on line 225