天木直人の公式ブログ

2008/5( 2 )

Month

お知らせ

裁量と言う名の権力の濫用
17

裁量と言う名の権力の濫用

 裁量という名の権力の濫用  最近はかなり指摘されるようになってきたが、この国は内閣官僚制であると言われる。  つまりあらゆる政策のもとになる法律は、建前では政治家が国会で審議、採決して成立する事になっているが、実際は立法の殆どは関係省庁の官僚がつくり、政治家はその中身を理解することなく、数あわせで賛成し、官僚の法律づ...
「 国会で審議をつくせ」と主張することの嘘

「 国会で審議をつくせ」と主張することの嘘

 「国会で審議をつくせ」と主張することの嘘   ねじれ国会の弊害を強調する与党やその支持者は、決まって野党の審議拒否をなじる。   なんでも反対するのではなく、対案を示せと要求する。   さらには政局ではなく政策を語れと言う。   これらに共通する考えは、国会は審議をする場所であり、政治家は国会で論戦を行うべきである、...
情報独占の時代から情報共有の時代へ
128

情報独占の時代から情報共有の時代へ

 情報独占の時代から情報共有の時代へ  26日の産経新聞で、IT企業家の梅田望夫氏(米ミューズ・アソシエイツ社長)が、先般のマイクロソフトによるヤフー買収騒動について、重要な指摘をしていた。  それはこの買収騒動の成否についてではない。その騒動の裏で梅田氏が印象深く観察した、「情報共有の重要性」についてである。  梅田...
 新聞の社説を批判的に読む事の勧め
20

 新聞の社説を批判的に読む事の勧め

 新聞の社説を批判的に読む事の勧め  読者の皆さんは新聞の社説を読んでいるだろうか。読んでいない人は読むことを勧める。読んでいるいる人は、それを常に自分の考えと比較して読むことを勧める。  そして、ここからがこれから書くブログの趣旨であるのだが、もし自分の考えと社説の考えが違っていた時は、自分の考えが正しいと思って、新...
沖縄問題が解決しないのは、本当の事が知らされていないからだ
152

沖縄問題が解決しないのは、本当の事が知らされていないからだ

   沖縄問題が解決しないのは、本当の事が知らされていないからだ   「知らぬが仏」という言葉がある。英語にも同じような言葉がある。「無知は幸いなり」(ignorance is a bliss)である。   古今東西を問わずこの言葉には真理がある。知らなければ怒ったり、悩んだりしなくて済むからだ。知ったところでどうする...
官僚の強さの源泉は、国民の批判を無視できる傲慢ぶりである
154

官僚の強さの源泉は、国民の批判を無視できる傲慢ぶりである

   官僚の強さの源泉は、国民の批判を無視できる傲慢ぶりである    いまや、政治家も、財界の重鎮も、官僚批判をはじめるようになった。世の中は官僚批判の大合唱である。    官僚のお友達は、そこから情報を安易にもらうメディアや、官僚に重用される御用学者ぐらいのものだ。    それにもかかわらず官僚がへこたれている風情は...
 異常な原油高がなぜ放置されるのか
108

 異常な原油高がなぜ放置されるのか

 異常な原油高がなぜ放置されるのか    ここにきて原油の高騰が異常なスピードで加速している。    その背景には、一方において中国をはじめとした新興国や米国の需要増加があり、他方において、サブプライムローン問題で行き場のなくなった投機マネーが流れ込んだという説がもっぱらだ。    しかし、理由はどうであれ、原油の高騰...
通訳御用掛が残した昭和天皇のお言葉
19

通訳御用掛が残した昭和天皇のお言葉

 通訳御用掛が残した昭和天皇のお言葉  昭和天皇の通訳を長年務めた真崎秀樹という外交官がいた。真崎氏は私が昭和44年に外務省に入省した時の英語の先生であった。    その真崎氏が、天皇陛下が各国要人と交わされた会話の詳細を残していた。  その記録をジャーナリストの徳本栄一郎氏が入手して、今日(22日)発売の週刊文春5月...
宇宙基本法の成立に思う

宇宙基本法の成立に思う

 宇宙基本法の成立に思う  消費者庁設立の素案が一斉に大きく報じられた22日の各紙において、もう一つ一斉に報じられた法案があった。しかもそれは素案ではなく、成立した法律として。  それは宇宙の軍事競争を解禁する宇宙基本法である。  「宇宙の平和的利用」については、私には個人的な思い入れがある。  法学部の学生の時、始め...
  消費者省庁設立の動きのどこがポイントか
135

  消費者省庁設立の動きのどこがポイントか

 消費者庁設立の動きのどこがポイントか   22日の各紙は一斉に消費者庁の素案を報じている。   いうまでもなく、「消費者庁」は支持率が低迷する福田首相が、人気挽回とばかり音頭をとって進めているものだ。   折から、ギョーザ問題や食品偽装問題で、消費者保護の必要性が叫ばれてきた。   一見すれば結構な話のように見える。...
Return Top