天木直人の公式ブログ

 地上デジタル化強行の背景にある官僚と財界の蜜月

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 女優五十嵐めぐみさんの半生に思いをめぐらす
  私が毎日ブログを書いている作業の、その企業秘密を明かすと、まず気にとまった記事や情報を切り抜いてファイルしておく。そしてその中から優先順位を決めて、そのテーマについて補足的情報を入手したり、過去の関連情報を参考にする。そしてその日に書ける時間的余裕の範囲で、気分のままに書く。
  こうして毎日を過ごしていると、どんどんと書けなかった記事や情報がたまっていく。そしてそれを使うことなく、そのファイルは埋もれ、廃棄されていく。
  廃棄するまえには、そのファイルを眺めながら、感慨にふけったりする。
  私のブログは政治的なテーマに限って書くことにしている。だから、ファイルの記事も、当然のごとく政治的な物が多い。
  しかし中にはおよそ政治とは無関係なものもある。どうしても気になる記事がある。残しておきたい読み物があるのだ。
  本当はそういう事に私は関心がある。
  政治など、所詮我々の人生にとって二次的なものに違いない。
  政治を生業にしている特殊な人間は別にして、普通の者にとって、人生はもっと個人的な、もっと真剣なものに違いない。
  たとえば、平和を願い憲法9条を守ると政治的活動をすることは、重要な事である。
  しかし問題は憲法9条が守られた後だ。永久の平和が達成さえれた後だ。
  その後には、もはや護憲運動や平和運動をしなくてもよくなる。
  しかしそれでも我々はすることがある。その後に、待っているのは、長く、平凡で、そして時として修羅の困難を伴った個人的人生である。
  我々はそれらと面と向かって生きていかなくてはならないのだ。
  所得格差がなくなっても、医療制度が充実しても、個人的人生の問題は解決しない。我々が本当に取り組まなければならないのは、そのような個人的人生なのである。
  政治が正常に機能していれば、そもそも我々は政治なんかに無関心でいればいいのだ。政治が正しければ、こんなブログなどまったく必要がない。
 残念ながら政治が正しく機能していないから、政治家や行政が義務を果たさず悪い事ばかりやっているから、政治を監視しなければならないだけなのだ。政治を語る必要が出てくるのだ。
 前置きが長くなった。
 6月26日と27日の産経新聞に二回にわたって女優五十嵐めぐみさんの私生活が本人の言葉でつづられていた。
 私は若かりし頃、五十嵐めぐみのファンだった。だからその記事が目に留まった。
 写真で見る彼女は今でも美しい人であるが、さすがに年老いた。万年青年であると思っていた自分がいつの間にか60を過ぎたのだから当然である。
 これが年月というものである。
 そう思って読み始めた五十嵐めぐみさんの半生を知って、感じるところがあった。
 長男が4歳の夫をがんで失った五十嵐めぐみさんは、実母と二人三脚で二人の息子を育てるのだが、長男に学習障害があることを小学生入学時に知る。その後は長男のための苦労の人生である。
 その五十嵐さんをもう一つの問題が襲う。兄の障害を受け入れられない弟が、母親に抵抗し、兄と喧嘩する毎日だ。
 そういう修羅の毎日も、やがて時が解決してくれる。息子二人が24歳と22歳になって、兄は就職し 五十嵐さんは演劇界に進んだ弟の脚本、演出した舞台に出演する喜びを味わえるようになる。
 「こんな(幸せな)日が来るとは思わなかった」と話す五十嵐さんを見て、自分の半生はなんと恵まれているのか、この世の中には五十嵐さん以上の苦労をしている人がどれほど多く存在する事か、という事に思いをはせてみる。
  人はみな与えられた人生を懸命に生きている。生きる事に精一杯の人たちにとって、政治などどうでもいいことなのだ。
  政治家はもとより、政治を生業にしている人たちは、心に銘ずべきだと思う。
  政治は人生にとって二次的なものだ。国民の一人一人は自らの幸福のために懸命に生きている。政治家は、そして政治は、その国民の生き方を陰で応援するだけのものだ。
  その政治が、国民の生活を苦しめ、国民の足を引っ張るとしたら、本末転倒も甚だしい。
  政治で飯を食っている連中には良く考えてもらいものだ。自ら省みて恥ずべき仕事をしている事はないか、と。
457

 地上デジタル化強行の背景にある官僚と財界の蜜月

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 地上デジタル化強行の背景にある官僚と財界の蜜月
  限られた知識と能力でも、できるだけ多くの事柄について真実を追究していきたい。
  そう思って毎日努力して書いているのだが、テーマはいつも同じようになる。
  日米軍事同盟のごまかしや官僚支配の弊害、最近ではもっぱら北朝鮮問題だ。
  そんな中で、今日の新聞で新しい発見をした。今日のブログのテーマはこれで決まりだ。
  東京新聞「こちら特報部」に「地デジ化強行の裏で」という特集記事があった。
  「不評著しい後期高齢者医療制度と同様、これから実施される裁判員制度とテレビの地上デジタル化も『構造改革』を掲げた小泉政権の置き土産だ・・・」という書き出しで始まるこの特集記事は、ズバリ、地上デジタル化強行の背景に、官僚の天下りと財界利権の蜜月があることを言い当てている。
  後期高齢者医療制度については皆が問題にしているからもはや私が説明する必要はない。
  裁判官制度についても、それがいかに不要で不純なものであるか、このブログでも書いた。
  裁判員制度もまた、来年5月の実施が近づくにつれて国民的大問題となってくるだろう。
  ところがテレビのデジタル化移行についてはほとんど議論が無い。
  しかし、その移行の背景には、驚くべき官民癒着の反国民的な意図があったのだ。
  なぜこれ、ほどまでに毎日のようにテレビで女子アナやタレントを使って宣伝している理由が頷けた。国民のマインドコントロールである。
  技術の進歩によりテレビがアナグロからデジタル化になるのは結構だ。しかし、不景気の最中に、なぜ国民に経済的負担を強いる移行を、国民の選択の余地なしに強行するのか。アナグロテレビが十分に機能するのに、強制的にそれを廃棄させるのか。もったいなくはないか。環境保護にも逆行するのではないか。
  くわしくは東京新聞を読んでもらいたいが、一言で言えば、IT戦略を国家戦略と定めた2002年度以降、政府は莫大な予算を講じ、それが関連業界の産業振興と官僚の天下り乱造(少なく見積もっても地デジ関連の天下り法人は100以上あるという)の資金源となっているというのだ。
  この問題についての著作を近く出版するという、元特定郵便局長の異色作家、世川行介氏は、こう言う。
 「ぼくらの生きてきた戦後には自由の理念があった。ところが、(後期高齢者医療制度や裁判員制度と同様に)地デジには選択の自由が無い。これでは統制国家だ・・・アナグロ波停止は国際的な趨勢とはいえ、不況による受信機器の普及の遅れから、米国や韓国ではアナグロ放送終了を延期している・・・アナグロ終了は使用中のテレビの寿命が尽きるまでといった穏やかな形に変えるべきだ。官僚と財界の都合で、豊かでない庶民の娯楽が奪われてはならない」
  極めつけは、これが「聖域なき構造改革」を叫んだ小泉政権の置き土産であるという点だ。
  そういえばITが何かも分からない元首相が、ITを「それ」と言ったという話もあった。
  官僚の悪知恵に操られたこの国の政治のもたらすものは、国民生活を苦しめるものばかりである。
  
457

Fatal error: Cannot redeclare dp_facebook_comment_box() (previously declared in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php:225) in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php on line 225