天木直人の公式ブログ

2008/8

Month

お知らせ

 今こそ外務省は中国ギョーザ問題の真相解明に取り組まなければならない
178

 今こそ外務省は中国ギョーザ問題の真相解明に取り組まなければならない

  8月6日の読売新聞のスクープにより、ギョーザ事件に関する中国側からの報告を、政府・外務省が公表しなかったことが問題にされた。   私は6日のブログでこのスクープは日中両国の対応に大きな影響を与える衝撃的なスクープであると読売新聞を評価した。   8日のブログでは、ギョーザ問題の正しい解決は日中関係の将来にとって重要...
 消費者不在の石油小売価格決定のからくり
193

 消費者不在の石油小売価格決定のからくり

 福田政権の目玉の一つが消費者庁の設立であるという。  しかしその主要な業務として何が想定されているかがポイントである。  国民はここに注目しなければならない。  たとえば、後を絶たない食品偽装の防止や、中国ギョーザ事件に懲りて食の安全を徹底する、といった事を口実にして、いたずらに政府の規制、介入を強化する事は許されな...
 概算要求再びー国民の暮らしなど関係ねえ
32

 概算要求再びー国民の暮らしなど関係ねえ

  昨日(28日)のブログで、予算編成というものが、如何に国民の生活から遊離し、官僚と政治家の税金私物化のプロセスでしかない事、それを誤魔化す壮大なセレモニーである事を書いた。   書いていて馬鹿馬鹿しくなったので途中でやめた。   しかし今日(29日)の新聞で、嫌でもその愚が目についたので、もう一回だけ書く。   我...
こんな日本になるなんて

こんな日本になるなんて

  29日の毎日新聞の投書欄に、「ああ、こんな日本になるなんて」という投書が掲載されていた。   埼玉県狭山市在住の66歳の女性からの投書である。   その女性は、まずその投書の冒頭で、最近スーパーで経験した次のようなエピソードを紹介している。   ・・・スーパーの刺身コーナーの前で、ご婦人が深いため息をつき、パックを...
グルジア戦争で表面化した米・ロの対立と日本外交の苦悩
149

グルジア戦争で表面化した米・ロの対立と日本外交の苦悩

  グルジア戦争が勃発した直後の10日のブログで、私は本物の戦争が始まったと、その深刻さを指摘した。   12日のブログで、米国にすりよれば安泰だといわんばかりに、プーチンのロシアという強権国家の恐ろしさを甘く見たグルジアのサーカスベリ大統領の軽率さを指摘した。   そして15日のブログでは、退任を目の前にして、ロシア...
予算要求を見ればこの国の政治家・官僚の正体がわかる。
30

予算要求を見ればこの国の政治家・官僚の正体がわかる。

 今年もまた予算要求の季節がやってきた。  各省庁から提出される概算要求を査定するのはもっぱら財務官僚だ。  今でもこの季節になると思い出す。  同じ官僚でありながら、各省庁の幹部が、たかが財務省の課長にも満たない主査に、頭を下げて日参する。  それほど財務官僚の予算編成権は強い。  ここまで財務官僚に権限を与えてしま...
 厚生労働省、社会保険庁の犯罪をいつまで許し続けるのか

 厚生労働省、社会保険庁の犯罪をいつまで許し続けるのか

  私は20日のブログで、年金記録改ざんを告発した元社会保険事務所課長の勇気ある行為と、その課長を見殺しにしてはならないと、課長を招致して話を聞いた民主党の責任について書いた。   それから一週間。28日朝のテレビ、みのもんたの「朝、ズバッ!」で、その課長がゲスト出演していた。   その告白は衝撃的だ。警察の裏金作りと...
 アフガンにおけるNGO邦人射殺事件の衝撃
150

 アフガンにおけるNGO邦人射殺事件の衝撃

 アフガンで起きたNGO邦人射殺事件についてコメントを求められる。  しかし私は多くを語らない。  私が語る事はただ一つ。  小泉元首相が世界に胸を張って公言した「米国のテロとの戦いへの協力」の重いツケが、はじめて国民に突きつけられたということだ。  そして、そのツケはこれから雪崩を打つように日本全体に押し寄せてくるこ...
消費者よ、権利を行使せよ
162

消費者よ、権利を行使せよ

 今こそ消費者は目覚めなければならない。お客様こそ神様なのだ。消費者こそ神様なのだ。  考えてみるがよい。汗水たらして手にしたお金は、天下り役人が手にする金とか、脱税で誤魔化したカネではない。  お天道様に恥じる事のない自分の金だ。たとえそれが小額であっても、それを使う時は大きな顔をして使うべきだ。それを使う時は一円た...
 もはや国家権力は国民の敵ではないか
33

 もはや国家権力は国民の敵ではないか

 世界の様々な国に勤務してその国の政治を見てくると、残念ながら国家権力は国民の敵であるような国が実に多く存在する事を知る。  まさか日本はそんな国ではないだろう、と思っているとしたら間違いである。  そう思わせる事件が私の周りに最近立て続けに起きた。  私が今住んでいる栃木県の鹿沼市で、豪雨で水没した軽乗用車が県警と消...
Return Top