天木直人の公式ブログ

2008/9

Month

お知らせ

 なぜ公明党は早期解散・総選挙にここまでこだわるのか
30

 なぜ公明党は早期解散・総選挙にここまでこだわるのか

  私が麻生太郎の右腕であれば、ためらいなく彼に助言するだろう。   あなたが生き残れる唯一の方策は小泉純一郎と公明党の悪を切り捨てる事だ、と。   それができてはじめて麻生の評価は高まるに違いない。国民的支持も高まるに違いない。   小泉純一郎の悪についてはいまさらここで私が繰返すまでもない。   日本を米国に売りわ...
麻生首相の所信表明演説は飛んで火に入る夏の虫だ
68

麻生首相の所信表明演説は飛んで火に入る夏の虫だ

  29日に行なわれた麻生太郎首相の所信表明演説について、野党が一斉に批判している。   確かにあの演説は異例だ。   所信表明の場を借りて野党民主党を質問攻めにするなどということは、やはりおかしい。   しかし民主党は、批判するばかりではいけない。   あの麻生演説を逆手にとって、政権交代を国民に訴える絶好のチャンス...
麻生批判をしたニューヨーク・タイムズ社説に噛みつく産経新聞の無理解
92

麻生批判をしたニューヨーク・タイムズ社説に噛みつく産経新聞の無理解

    9月29日の産経新聞コラム「産経抄」が米紙ニューヨーク・タイムズ紙に凄い剣幕で噛みついている。   ニューヨーク・タイムズ紙が、国連総会で外交デビューを果たした麻生首相を「好戦的なナショナリスト」と決めつけて酷評したからである。   しかもその怒りの理由がふるっている。   国連演説の中で麻生首相は、「テロとの...
麻生総理大臣の集団的自衛権解釈改憲こそ大問題発言である
94

麻生総理大臣の集団的自衛権解釈改憲こそ大問題発言である

  解散・総選挙とそれに続く政権交代の有無に国民とメディアの関心が釘付けになっている時に、なぜ安全保障問題か、憲法9条の問題か、と、思われるかもしれない。   しかし私の関心は、ここにきて急速に、選挙の帰趨よりも、その後の政局の争点が何処に向かうか、そのことに集中しつつある。   あれほど民主党による政権交代を望んでい...
なぜ政府・外務省は伊藤和也さんを殺害した真犯人を突き止めようとしないのか
95

なぜ政府・外務省は伊藤和也さんを殺害した真犯人を突き止めようとしないのか

 イラクで二人の外交官が殺害された時もそうであったが、なぜ政府・外務省は犯人を突き止めようとしないのか。  わからないとしても、少なくとも調べる努力をし、政府・外務省としての公式見解を発表するのが当然の責務である。犠牲者への最善の弔いである。  とくに今度のNGO職員の殺害は、明確な殺意をもって殺害されたという多くの情...
 これからの日本政治の本当の課題ー政治における平和勢力の衰退
119

 これからの日本政治の本当の課題ー政治における平和勢力の衰退

  どうやら、総選挙がいつ行なわれようとも、麻生自民党は負けるようだ。   私がそう思ったのは、昨日近所の集まりで皆が口々に話していたのを聞いたからだ。   自民党に投票して来た人たちが、今度は自民党に入れない、自民党ではもうだめだ、と口々に言っていた。   おそらく全国的に自民党から民主党へのシフトが起きているのだろ...
 小泉元首相の引退声明とともに私のブログも役割を終える
33

 小泉元首相の引退声明とともに私のブログも役割を終える

  小泉元首相が今度の選挙に出馬せず引退する声明を出した。そうニュースが報じた。たった今(9月25日夕刻7時前)そのニュースをTBSで知った。   驚くと同時に当然であると思った。誰よりもはやくこの事について書く。   私はこのブログでいずれ書こうと思っていた。   小泉も福田も安倍も今度の選挙の出るべきでない、と。い...
小沢民主党がとるべき戦略 その②  強い味方を見つけよ

小沢民主党がとるべき戦略 その②  強い味方を見つけよ

  いくら小沢一郎といっても自公政権と一人では闘えない。強い味方を見つけることだ。   自ら選んだ執行部、すなわち鳩山、菅、輿水らとの結束はもちろん重要である。   しかし民主党の中にあって最善のご意見番は、なんといっても藤井久裕である。   与野党を問わずメディアに出てくる今の政治家の中で、私は藤井久裕ほど正しい政治...
小沢民主党のとるべき戦略 その①  民主党は解散・総選挙の時期について主導権をとれ
68

小沢民主党のとるべき戦略 その①  民主党は解散・総選挙の時期について主導権をとれ

  麻生新政権後の政局の最大問題は、いまや解散・総選挙の時期となった。   すなわち、解散・総選挙が、はたして巷間言われているように10月26日、あるいは少し遅れても11月2日に行なわれるかどうか、ということである。   これについては、麻生政権成立の後ろ盾であり、いまや政局の黒幕気取りである森元首相が、「解散・総選挙...
もう一度言う。小沢民主党代表は自らの閣僚名簿を公表して麻生新内閣と総選挙で決着をつけるべきだ
106

もう一度言う。小沢民主党代表は自らの閣僚名簿を公表して麻生新内閣と総選挙で決着をつけるべきだ

 24日の毎日新聞「つむじ風」に麻生太郎のつぎのような言葉が載っていた。  「とてつもない金持ちに生まれた人間の苦しみなんて普通の人には分からんだろうな」  このような考えを平気で口にする人間が首相になって、考え抜いた末の閣僚名簿が、24日の新聞にはやばやと載っていた。  日経新聞がスクープした閣僚名簿には、外務大臣中...
Return Top