天木直人の公式ブログ

2009/1( 2 )

Month

お知らせ

オバマ大統領誕生で露呈する日米同盟関係の希薄さ
150

オバマ大統領誕生で露呈する日米同盟関係の希薄さ

 くどいようだけれど、何度でも書く。それほど重要な事であると思うかからだ。日本国民は正しく知っておかなければならないと思うからだ。  メディアはこれ以上日米関係の事を騒ぎ立てて書くべきではない。書くほどに日米同盟関係の希薄さが露呈されるだけだからだ。  1月22日の読売新聞は、政府が谷内正太郎前外務次官を政府代表として...
 マハティール前マレーシア首相のオバマ大統領あて公開書簡
48

 マハティール前マレーシア首相のオバマ大統領あて公開書簡

   マレーシアの前首相がオバマ次期大統領に宛てた1月15日付けの 公開書簡と思われるものが私のところにインターネットで寄せられてきた。  日本国民に読んで欲しいから紹介してほしいというメッセージに違いないと 思ってこのブログで書く。  本物かどうかわからない。しかしいかにもマハティール前首相の書きそうな手紙である。 ...
 政治がおもしろくなってきた。消費税解散があるかもしれない。
133

 政治がおもしろくなってきた。消費税解散があるかもしれない。

  政局が面白くなってきた。ひょっとして消費税問題で突然のハプニング解散があるのかもしれない、そう思えてきた。  発売中の週刊朝日1月30日号で田原総一郎氏が、自らの連載である「田原総一郎のギロン堂、そこが聞きたい!」で消費税問題にふれ、「麻生首相はわざわざ国会を混乱させて、自爆を図ろうとしているのだろうか」とその記事...
 「世に倦む日日」のブロガーにエールを送る
38

 「世に倦む日日」のブロガーにエールを送る

 皆さんは「世に倦む日々」というブログを知っているか。読んでいるか。  これから書くメッセージは、「世に倦む日日」のブロガーに対する私からの応援メッセージである。  このブログの作者を私は勿論知らない。知らないけれど、このブログで発信される作者のメッセージは私のそれと最も近いと思っている。私が愛読する数少ない良質のブロ...
 ブッシュと小泉の仲(最終回)

 ブッシュと小泉の仲(最終回)

 読者から多くの情報が寄せられた。その結果ブッシュと小泉の仲が偽者だった事がわかった。  1月13日、ブッシュ大統領はハワード前豪州首相のほか、ブレア前英首相、ウリベコロンビア大統領に大統領自由勲章という、文民に与えられる最高の勲章を与えている。  その理由は、「テロとの戦い」、民主化、人権擁護などでブッシュ政権に最大...
中谷巌と竹中平蔵
167

中谷巌と竹中平蔵

 1月19日の新聞に、奇しくも、新自由主義を賞賛し、構造改革の旗振り役をつとめた二人の経済学者の記事が載っていた。 一つは東京新聞「こちら特報部」に見られる中谷巌一橋大学名誉教授のざんげであり、もう一つは産経新聞「ポリシー・ウオッチ」に見られる竹中平蔵慶応義塾大学教授の「かんぽの宿」オリックス売却に関する弁護である。 ...
ブッシュと小泉の仲(続)
23

ブッシュと小泉の仲(続)

 私は1月12日のブログでブッシュ・小泉の朋友関係は作り上げられた虚像ではないか、と書いた。  それを占う重要な根拠として、ブッシュ大統領が、イラク戦争を支持した豪州のハワード前首相をワシントンに招待して叙勲をしたこと、その時オバマ次期大統領もワシントンに滞在していたのに、ハワード前首相をブレアハウス(迎賓館)に泊める...
それでも私はオバマに期待したい
164

それでも私はオバマに期待したい

それでも私はオバマに期待したい  報道はオバマ大統領の就任式で一色だ。そして、それは理解できる。  何しろ史上最低のブッシュ大統領の後に登場した大統領だ。ブッシュ大統領が仕掛けたイラク戦争の失敗でうんざりした米国と世界の国民が、同時にまた米国発の金融危機で経済的苦境に追い込まれている。  チェンジという合言葉を叫んで、...
 正義のない状況下で何を誇りに生きるか
176

 正義のない状況下で何を誇りに生きるか

 1月18日の朝日新聞「耕論」に、パレスチナ問題の解決に関する三者の意見が並列されていた。  駐日イスラエル大使の意見と、パレスチナの二大派閥である穏健派ファタハと過激派ハマスの両代表の意見、この三つである。  断わっておくが、パレスチナの武装抵抗組織はハマスとファタハだけではない。もっと過激な抵抗組織もいくつかある。...
 「官から民へ」の本当の意味
235

 「官から民へ」の本当の意味

 「官から民へ」という意味は、規制緩和を進めて格差社会をつくることではない。もちろん郵政民営化などではない。政治家と官僚がもたれあって独占している国の権限を国民の手に取り戻すことだ。  その動きが最近になって急に活発になってきた。結構なことだ。  ひとつは渡辺喜美氏が見せた動きである。もう一つは小泉元首相が言いだした国...
Return Top