天木直人の公式ブログ

2009/1( 3 )

Month

お知らせ

どちらが本物の外交か
273

どちらが本物の外交か

  このところガザの事ばかり書いているようだが、ガザの事が気になって仕方がないのでご容赦願いたい。次は別のテーマで書くことを約束する。  16日の朝日新聞に対照的な二つの記事を見つけた。  ひとつは有馬龍夫という政府特使が14日、イスラエルでオルメルト首相と会談し、「即時停戦を要請する」という麻生首相のメッセージを伝え...
イスラエルを正しく理解するためには努力が必要である
271

イスラエルを正しく理解するためには努力が必要である

   ガザで暮らしてガザの実情を知っている者は皆イスラエルの暴挙に怒りを覚えている。    イスラエルと結びついて利益を得ている者は皆イスラエルを擁護する。    しかしこのブログを読んでいる読者の多くはそうではないだろう。    だからイスラエルのガザ攻撃が連日ニュースで流されても、世界で止む事のない戦争の一つでしか...
どんなところにも貴重な情報を見つけることができる
254

どんなところにも貴重な情報を見つけることができる

  喉の痛みで近くの病院に行った。混んでいて二時間も待たされた。普通はそれを想定して読むものを持参するのだが、急いでいたせいで今朝はそれを忘れた。   待合室にある読み物を手当たり次第に読んだ。健康の本や料理の本、こどもの雑誌や女性週刊誌、ファッション雑誌、いずれも手垢によごれたボロボロのものばかりだが、暇にまかせて一...
イスラエルを公然と擁護する佐藤優の正体
270

イスラエルを公然と擁護する佐藤優の正体

  メディアの寵児になっている佐藤優という情報分析官(休職中)がいる。その佐藤氏はアサヒ芸能という男性週刊誌に「ニッポン有事!」という連載を書いている。  その殆どは外務省批判である。先週の連載でも、佐藤氏は鋭い指摘をしていた。数年前の外務省機密費事件に関連し、元警視庁ベテラン刑事萩生田勝氏がその近著「警視庁捜査二課」...
 ブッシュと小泉の本当の仲
712

 ブッシュと小泉の本当の仲

 このブログを読んでいる読者の中にメディア関係者がいる事を望む。事実関係を調べてその結果を是非記事にしてもらいたい。  最近私はブッシュ大統領が豪州のハワード前首相をワシントンに招待して叙勲したという話を耳にした。  その時はオバマ次期大統領が引き継ぎのためにワシントン入りしていた時であったが、ブッシュはブレアハウス(...
派遣切りを報ずるテレビ番組が空々しい訳
285

派遣切りを報ずるテレビ番組が空々しい訳

  派遣切りを報ずるテレビ番組が空々しい訳   CIRCUSという若者向けの月刊誌2月号に次のような業界記事を見つけた。   ・・・視聴率15%を誇る報道ステーションの司会者である古館伊知郎のギャラが一回100万円、一年でざっと2億円であるという。それを5割増し要求した古館の評判が悪くなっている。しかし古館にも言い分が...
 イスラエルの虐殺行為に抗議する
16

 イスラエルの虐殺行為に抗議する

 これから私は東京にでかけて抗議デモに参加する。  イスラエルのガザ攻撃即時停止を求める。  何もできない今の私であるが、少なくともこの歴史的暴挙に反対したという証を残したいために。  思えば6年前、私が米国のイラク攻撃に反対して小泉政権に声を上げた時もそうだった。  その理由もパレスチナ問題であった。  イラク攻撃に...
川田龍平よ、いますぐ湯浅新党を立ち上げよ!
167

川田龍平よ、いますぐ湯浅新党を立ち上げよ!

川田龍平よ、いますぐ湯浅新党を立ち上げよ!  私は昨年12月17日のブログで湯浅誠を政治家にさせるべきだと書いた。  それから約一ヶ月、この思いは確信になった。このブログは本気で書いている。  派遣切りに反対しているこころある国民はその実現に向けて行動を起すべきだ。  日本共産党や社民党の既存政党に満足できない国民は、...
定額給付金は公明党の選挙対策費だ!
271

定額給付金は公明党の選挙対策費だ!

  定額給付金は公明党の選挙対策費だ!   これは私の言葉ではない。国会審議の中で民主党菅直人議員が発した言葉だ。民主党は本気で公明党と対決する腹を決めたようだ。   多くのまともな国民なら、いま目の前で繰り広げられている定額給付金に関する与野党の国会討論を、苦々しく思って眺めているに違いない。こんな事を連日真っ先に報...
にわかに動き出した海上自衛隊のソマリア沖派遣
198

にわかに動き出した海上自衛隊のソマリア沖派遣

    海上自衛隊のソマリア沖派遣について読売新聞が盛んに火をつけている。   昨日7日に一面トップで海賊処罰取締法(仮称)という新法の動きをスクープしたと思えば、今日8日の新聞ではご丁寧にシーファー駐日米国大使のインタビュー記事まで載せて、「これは米国ではなく、日本にとって重要な問題だ。自国の市民や船を海賊から守れな...
Return Top