天木直人の公式ブログ

2009/5

Month

お知らせ

 党首討論こそ政権交代を確実にする王道だ。
174

 党首討論こそ政権交代を確実にする王道だ。

   鳩山民主党代表に伝えたい。党首討論こそ政権交代を確実に手に入れる最善の方法であると。  5月27日の党首討論は誰が見ても鳩山民主党代表の勝利だった。それにもかかわらず、メディアは判で押したようなおきまりのコメントを流してごまかした。  どっちもどっちだ、議論が深まらない、政策論に踏み込めなかった、など、など  と...
 北朝鮮の核問題をめぐる日本外交は、日本の対米外交にほかならない
180

 北朝鮮の核問題をめぐる日本外交は、日本の対米外交にほかならない

   北朝鮮の核問題をめぐる日本外交は、日本の対米外交にほかならない   北朝鮮の核実験について日本は大騒ぎだ。これからも毎日のようにこのニュースが繰り広げられる事だろう。専門家がメディアの前で好き勝手な事をしゃべる事だろう。   それもいいだろう。確かに日本の安全保障にとって重要な事だ。北朝鮮の態度は許しがたい。  ...
孫崎享氏と対談した事について書く
174

孫崎享氏と対談した事について書く

 孫崎享氏と対談した事について書く  5月21日、私は週刊金曜日の依頼で孫崎享前防衛大学校教授と対談した。孫崎氏は、私にとっては前防衛大学校教授であるというより、三年先輩の元同僚である。  私のメルマガでも紹介した「日米同盟の正体 迷走する安全保障」(講談社現代新書)の著者である。  私は6年ほど前に外務省から辞職を迫...
 党首討論と鳩山民主党代表がこころすべきこと
183

 党首討論と鳩山民主党代表がこころすべきこと

 党首討論と鳩山民主党代表がこころすべきこと  鳩山民主党代表の誕生とともに政局のニュースが消えた。豚インフレの騒ぎもあるがそれだけではない。  鳩山民主党の支持率がどの世論調査でも麻生自民党のそれを上回った。鳩山民主党の事を書けば書くほど政権交代が現実のものとなる。  小沢から鳩山へ代表が変わっても相変わらず民主党を...
 「政策」、「政策」と叫ぶメディアの愚
160

 「政策」、「政策」と叫ぶメディアの愚

  鳩山民主党の誕生によって、日本の政治は大きな潮目の変化が起きることになりそうだ。その事を私は「鳩山首相の誕生と自公政権の終焉」で書いた。  この流れはもう変わらない。メディアは相変わらず鳩山民主党を批判しているが、やがてそれも終わるだろう。なぜならば国民がもはやついてこないからだ。  鳩山民主党批判の中で、「小沢た...
鳩山由紀夫首相の誕生と自公政権の終焉
166

鳩山由紀夫首相の誕生と自公政権の終焉

   民主党の代表選挙で鳩山由紀夫氏が勝利して以来、私はメディアの反応と 鳩山新代表の言動を目を凝らしてみてきた。  そして一つの確信に近いものを感じた。それは何か。ずばり鳩山首相の誕生と 自公政権の終焉である。  メディアの報道振りは相変わらず偏向に満ちたものである。悔しくて仕方が ないといわんばかりだ。そして何かと...
 私のメールマガジンに寄せられる読者の声
198

 私のメールマガジンに寄せられる読者の声

      小沢問題について書く私のメールマガジンに読者から次のような声が寄せられた。  政治の場における民主革命の試みは、国家権力の激しい抵抗にあい、その力が不十分な場合は、かえって国家権力の強化をもたらしてしまう、というものである。  政治の現実を見抜いた鋭いしてきであると思って、本人の承諾なしに、私の独断でここに...
 いまこそ消費者は決起すべきだ
167

 いまこそ消費者は決起すべきだ

   いまこそ消費者は決起すべきだ     今日からエコポイント制度なるものが始まると言う。官僚が考えついたあさはかな制度だ。官僚に政策を丸投げする政治家の無能、無責任の証明だ。  まだ使える自動車や家電を捨て去る事がなぜエコなのか。なぜ一部の大企業の製品の販売促進に加担する事がエコなのか。  ついこの間まで、大手企業...
小沢代表辞任表明のインパクトー政界大混乱と真の政界再編の予感
33

小沢代表辞任表明のインパクトー政界大混乱と真の政界再編の予感

   小沢代表辞任表明のインパクト          ―政界大混乱と真の政界再編の予感  小沢民主党にエールを送ったとたん、小沢代表が辞任表明をした。さすがの 私もこのタイミングでの辞任表明を予期してはいなかった。だから驚いた。  しかし、私が小沢一郎に送ったエールは、いささかの揺るぎもない。あの エールはこれからの小...
小沢一郎よ、桧舞台で舞を踊れ
152

小沢一郎よ、桧舞台で舞を踊れ

      5月11日の朝日新聞の投書欄に、東京在住70歳の無職の男性からの、次のような投書が掲載されていた。  「政権交代で官僚支配終焉を」と題するその投書の趣旨は次のようなものだ。  「 ・・・官僚支配を終わらせることができない政権交代なら、私は民主党を中心とした野党の総選挙の勝利は望まない。  小沢代表のような剛...
Return Top