天木直人の公式ブログ

 党首討論と鳩山民主党代表がこころすべきこと

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 党首討論と鳩山民主党代表がこころすべきこと
 鳩山民主党代表の誕生とともに政局のニュースが消えた。豚インフレの騒ぎもあるがそれだけではない。
 鳩山民主党の支持率がどの世論調査でも麻生自民党のそれを上回った。鳩山民主党の事を書けば書くほど政権交代が現実のものとなる。
 小沢から鳩山へ代表が変わっても相変わらず民主党を叩いていては、民主党支持者でなくとも一般世論はうんざりする。
 だからメディアは動きがとれない。だからメディアは民主党の事を書かない。書けない。
 しかし、鳩山民主党代表は油断してはいけない。当面の勝負どころは、いうまでもなく5月27日の党首会談だ。
 その対応を待ってメディアは鳩山民主党たたきを始める。てぐすね引いて待っている。おそらく麻生首相にアドバイズさえしているに違いない。
 党首討論で麻生首相が鳩山民主党代表を攻撃する事は二つある。代表を辞めたからといって小沢問題についての国民への説明責任は果たせていない、日米同盟に疑念を抱かせるような民主党の安全保障政策で日本を守れるのか、この二つである。
 すでに麻生首相はその事を繰り返している。メディアの論調もその二つばかりを書いている。
 鳩山首相はこの二つの攻撃から逃げてはいけない。曖昧な返答をしてはいけない。堂々と迎え撃つのだ。
 小沢問題については肉を切らせて骨をうがつのだ。第三者委員会への小沢代表代行の出席を約し、第三者委員会の報告をまって説明責任を果たすと公言し、政治資金規正法違反の説明責任は歴代の自民党議員にこそ最大の責任がある事を、過去の具体例をつぶさにあげて、訴えるのだ。そしてこの際自民党を引きずり込んで、企業・団体献金の全面禁止など大胆な提案を国民の前で呼びかけるのだ。
 小沢一郎は第三者委員会へ出席し、従来の立場を説明すればいいだけの話だ。それさえも小沢が逃げるようではだめだ。今度は小沢が鳩山を支える番だ。
 日米同盟に対する対応は難しい事をいう必要はない。単純明快に答えればいい。米国との関係は重要だ。それを堅持する。しかし自公政権のような対米従属では国のためにならない。国民の為にならない。これでいい。
 国民の支持を得て自主・自立の外交を進めることを米国が理解しないはずはない、戦後63年間維持してきた日米同盟は、そんなことで壊れるほどもろいものではない、と一蹴すればいいのだ。
 政権をとる前にいたずらに米国を刺激してはならない。国民を不安にさせてはいけない。岡田幹事長は、米国に対し核の先制使用はやめるべきことぐらいはしっかり言うべきだ、などと記者クラブで語ったらしい。小沢一郎もそうであったが、このような本質的な問題を、記者会見のような場で軽々に発言して不必要に米国を刺激してはいけない。政権をとったあと、方針を固めて米国と直接はなしあって慎重に決めていくべきだ
 左翼は自民も民主も同じだといって批判する。しかし自主・自立外交と対米全面服従外交では天と地の開きがある。
 護憲派は鳩山民主党は改憲派だと批判する。これにつては、「今は改憲どころではない。鳩山民主党であるかぎり改憲は行なわない」、と明言すればいいだけの話だ。
 そして、これが私のもっとも言いたいことなのだが、鳩山民主党は、総選挙が近づけば影の内閣を一新するのだ。「必ず政権をとる。このメンバーがそのまま新閣僚になる」、といって発表するのだ。
 そのメンバーの中にあっと驚く人選を随所にちりばめるのだ。何といっても法務大臣は郷原信郎できまりだ。小沢を守ったのは郷原だ。いまの腐りきった検察官僚に対峙できるのは郷原をおいてはいない。
 そのほかにも国民が待望する人選はあるだろう。それを考えるのが鳩山代表の責任だ。
 鳩山民主党は麻生民主党にただ勝つだけでは十分ではない。圧倒的に勝たなくてはいけない。
 日本の夜明けを国民全員に思わせるような勝利を目指す事だ。
 今、国民が求めているのはそのような政治である。
 
173
Return Top