天木直人の公式ブログ

2009/7( 2 )

Month

お知らせ

都議会選挙の民主党大勝利とあるべき今後の政治の姿
130

都議会選挙の民主党大勝利とあるべき今後の政治の姿

    これから総選挙までは、ニュースは政局ばかりになる。それに付き合うのが私の趣旨ではない。  だからその前に、今度の都議会選挙における民主党の大勝利と、やがて始まる政治の混乱について、私が考える基本的見方について一言書いておく。  選挙に直接利害関係を持つ者が選挙に必死になるのはわかる。しかし選挙に直接の利害関係を...
外交担当政府代表 この偉大なる無用ポスト
141

外交担当政府代表 この偉大なる無用ポスト

 これから書く事は私にしか書けないことである。普通の読者なら見過ごすことである。  7月11日の新聞の人事欄に、前駐仏大使の飯村豊氏が欧州・中東担当の政府代表に任命されるという小さな記事があった。  外交担当の政府代表と言えばすでに谷内正太郎政府代表がいる。  いったい外交担当の政府代表とな何なんだ。  外務大臣がいる...
国民は世論の力で橋下、東国原知事に圧力をかけて正しく導いていくべきだ
148

国民は世論の力で橋下、東国原知事に圧力をかけて正しく導いていくべきだ

     二人の知事の動向はこれから総選挙に向けて毎日のように報じられていくだろう。いや、この騒ぎは総選挙後も続けられていく。日本の政界再編の要となっていく。  そんな騒ぎを、メディアの報じるままに、ただ受け身で眺めているだけでは面白くない。馬鹿らしい。何よりも政治の将来を見誤る。  それぞれの政党はそれぞれの思惑があ...
 佐藤優と外務省の戦いはこれからが本番だ
138

 佐藤優と外務省の戦いはこれからが本番だ

 佐藤優氏の有罪が確定した。その判決を聞いたときの佐藤氏の反応は、意外にも冷静だった。  そしてその理由がわかった。  発売中のサンデー毎日7月19日号で佐藤優氏の激白が掲載されていた。そこで彼は次のように述べている。  「率直に言いましょう。支援委員会(註)は背任のための組織です。日本しかカネを拠出していない“でっち...
 もう一つの民主革命 今度の総選挙で違憲最高裁判事を否認しよう
141

 もう一つの民主革命 今度の総選挙で違憲最高裁判事を否認しよう

   いよいよ近づいてきた今度の総選挙は、政権選択の選挙と言われている。そして今度こそ、国民の一票で日本の権力構造を変えられるかもしれないという期待感が高まっている。    大袈裟に言えばこれは、明治維新、敗戦に次ぐ日本の政治史に残る三番目の変革となるかもしれない。  ところが、今度の総選挙では、もう一つの歴史的事件が...
助け合いの風土まで破壊する米国の年次改革要望書
150

助け合いの風土まで破壊する米国の年次改革要望書

     7月3日、私は縁あって全国養護福祉会という組織の集まりに呼ばれて講演した。  その時、私はあらためてこの国の為政者の卑劣さを知った。  米国金融資本に国民の生活を売り渡した売国小泉構造改革の正体をあらためて見せつけられた。    日本と言う国が、政府・官僚の無能さにもかかわらず、今日までかろうじて持ちこたえる...
田母神氏の8月6日広島講演を許してはいけない
138

田母神氏の8月6日広島講演を許してはいけない

 田母神俊雄元航空幕僚長(60)の言動がついに増長の極みに達した。  そう思わせる記事を6月30日の毎日新聞がスクープした。7月1日の日刊ゲンダイが続報し、そして7月2日の東京新聞「こちら特報部」が特集した。  報道内容はこうだ。  8月6日の今年の広島平和記念日にあわせて、同じ広島市内で、「ヒロシマの平和を疑う!」と...
Return Top