天木直人の公式ブログ

宇宙人 鳩山宰相のオバマ攻略の切り札、それは国民の声を代表する対米外交である

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
  鳩山首相とオバマ大統領の電話会談を報じるきょう9月3日の「みのもんたの朝ズバッ!」で解説者のしま信彦氏がこう言っていた。
 「私は国民の圧倒的支持を受けて政権についた。私の声は国民の声だと思って聞いてほしい、と、これぐらいの事を言ってもらいたいものですね」。
 これを聞いたみのもんたが、これはいい言葉だと絶賛し、実は私は今日(9月3日)、外国人記者クラブで話す事になっているんですが、この言葉を使わせてもらっていいですか、と。
 この場面は象徴的だ。日米外交が初めて国民の手で行われる予感を感じさせる場面である。
 私がかねてより繰り返し強調してきた国民外交である。
 鳩山次期首相は宇宙人宰相だ。今までのどの首相もできなかった事ができるかもしれない。
 彼ならなにをやっても許される。何をやってもうまくいく。
 なにしろ宇宙人だ。
 決め手は総選挙の圧勝である。対米従属の自民党、官僚をきっぱり否定した民意である。
 これを対米外交に生かさない手はない。
 それにはまず正しい外交のできる外務大臣を選ぶ事だ。
 外務官僚に独占させてきた駐米大使という最重要ポストを政治任命で取り返すことだ。
 そして鳩山宇宙人宰相は外務大臣と駐米大使を、助さん、格さんとし、民意という印籠を振りかざして世直し対米外交を始めるのだ。
 そうすれば知日米国人などという名の悪のジャパンハンドラーに恫喝されることなく、善良な日本国民のためのよりよい日米関係を築くことができる。
 それはまたオバマ大統領を救うことでもある。
 詳しくは今日のメルマガを参照願います。もっとまじめに書いています。
282
Return Top