天木直人の公式ブログ

 自民党の再生はこれしかない

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
  
 このままでは自民党の復権はない。
 皆が民主党を目指し、あるいは民主党との連立を目指し、日本は事実上の民主党一党の政治状況が実現していく。
 民主党を増長させるのはしゃらくさいが、私はそれでもいいと思っている。
 民主党という政党は、もはやかつての自民党のような支配者の政党、利権分配の政党には戻れない。
 国民本位の政党をめざすしかない。
 少しでも国民を裏切るような事をすれば国民から厳しく糾弾される。だから当面は民主党支配の政治でいいのだ。
 しかし、世論は自民党の復活を望んでいる。
 健全な二大政党の実現を願っている。
 そうであれば、何としてでも自民党は頑張って再生し、民主党と拮抗する政治勢力とならなければならない。
 どうすればいいのか。 私なら自民党にこう助言する。
 まず第一は、思い切った世代交代をすることだ。
 このことは、あの中曽根康弘元首相も9月11日の産経新聞紙上で次のように言っている。
 民主党との政策比べをする前に、まず自民党が変わったと国民に見てもらわなければならない、そのためには清新な勢力が党内から湧き出て、時代を前進させる何かを持っているという期待を国民に持たせなければならない、と。
 さすがは中曽根大勲位だ。その通りだと思う。
 問題は、「こころざしある有能な新人群の決起」が起ったとして、それら若い自民党政治家たちが、何を政策に掲げて国民に訴えるかである。
  中曽根大勲位は、国の基本問題をもう一度再燃させ、民族性や歴史的伝承を大事にする政治を目指せと言っている。
  これだけでは必ずしも明確ではないが、中曽根大勲位のこれまでの言動から考えると、改憲、自主防衛への保守回帰に違いない。
 しかし私はそれでは民主党に勝てないと思う。
 そのような主張は平沼グループにまかせておけばいい。
一握りの反民主党の国民をひきつけるかもしれないが、多数の国民の気持ちをつかむことはできない。支持は広がらない。
 それはあたかも共産党や社民党の主張が、広く国民の間に広がらないのと同じである。
 民主党に対抗して幅広い国民の支持を得ようとすれば、これまでの自民党政治の悪を徹底的に反省し、民主党よりもさらに徹底した非自民党的な政策を掲げる他はない。
 官僚支配の打破や、天下り禁止、地方分権など、民主党のマニフェスト以上の政策を掲げるのである。
 その上で、社民党や労働組合と連立しようとする民主党の偽善を厳しくつく。
 雇用、福祉、格差問題に対する手当ては十分講じた上で、自由主義経済と成長重視の経済政策を掲げ、日本経済の再生を目指す。
 それに加えて、日米同盟一辺倒の外交から、平和憲法を掲げた自主、自立した外交を主張できれば言うことはない。
 そういう新生自民党を目指してみよ。 あっという間に民主党を追い詰めることができる。
 そんな新生自民党であれば私は率先して支持する。
 それが出来ないようでは自民党の再生はおぼつかない。
                                         (了)
 今日の「天木直人のメルマガ」では次のテーマで配信しています。
 「日米関係を最後に決めるのは国民である」
269
Return Top