天木直人の公式ブログ

2009/10( 2 )

Month

お知らせ

 小泉元首相をめぐる冗談ではないまじめな話題
158

 小泉元首相をめぐる冗談ではないまじめな話題

 私がこのブログで冗談交じりに小泉元首相に関する事を書くと、たちどころに小泉贔屓と反小泉の双方から抗議の声が届く。冗談でもそんな事を言うな、と。  その事はすでにこの前のブログで書いた。  そういう読者はこれから書くことをどういう思いで読む事だろう。これは冗談ではない本当の話である。  三日ほど前にTBSの関係者から私...
 オバマ大統領の核廃絶の足を引っ張る日本
175

 オバマ大統領の核廃絶の足を引っ張る日本

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□■ 【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】 ■□■   天木直人のメールマガジン 2009年10月18日発行 第408号 □■  ──────────────────────────────── ■    オバマ大統領の足を引...
 普天間基地移転問題を先送りした鳩山連立政権の苦悩と弱点
154

 普天間基地移転問題を先送りした鳩山連立政権の苦悩と弱点

     私のブログを読んでいる大方の人々は冷静に世の中の動きを観察し、そして私のブログもまた冷静に読んでいると思うが、中には私の書くことと自分の考えが一致しないと、我慢できないと怒り出す読者がいる。  小泉元首相を批判すると、首にされた落第官僚の逆恨みだと書き、小泉親子に助言すると豹変したのか、見損なったと怒りをぶつ...
小沢・鳩山民主党に勝てる自民党の再生はこれしかない
177

小沢・鳩山民主党に勝てる自民党の再生はこれしかない

 きのうのブログで、「情けないぞ、小泉元総理!」という公開質問状を書いたところ、すかさず反応が寄せられた。  私人になった小泉元首相を批判するのはおかしい。小泉元首相を批判する事で自分の存在感をアピールするのは止めろ、というものである。  残念ながら、この読者は何もわかっていない。  私はあの公開質問状で勿論小泉元首相...
 ニュース解説がつまらなくなった
173

 ニュース解説がつまらなくなった

    鳩山民主党政権が動き出してほぼ一カ月がたって、ここのところニュース解説がつまらなくなった。   ネットで流される政治ブログなどもまったくつまらなくなった。   そう感じているのは私一人ではあるまい。   なぜか。それは自民党のあまりの凋落ぶりに、民主党に代わる政党がなくなってしまったからである。   民主党を批...
小泉元首相に対する公開質問状
180

小泉元首相に対する公開質問状

 拝啓  小泉元総理殿  私は今から6年ほど前、ブッシュのイラク攻撃をいち早く支持したあなたを正面から批判して、外務省から辞職を迫られた元レバノン大使の天木直人です。  外務省を辞めた後も、一人の国民として、あなたの政策の間違いを、誰よりも強く批判してきました。  そのあなたが、総理を辞め、政界を引退した今となっては、...
鳩山首相は広島、長崎両市長の提案を歓迎する談話を今すぐ発表すべきだ
147

鳩山首相は広島、長崎両市長の提案を歓迎する談話を今すぐ発表すべきだ

   どの報道もその重要性を正しく伝えていないが、秋葉、田上両市長が11日に記者発表した2020年 夏季五輪招致提案は、核廃絶に向けての究極の提案である。その重要性と衝撃性は、いくら強調しても強調し過ぎる事はない。  4月のオバマ大統領のプラハにおける核廃絶演説と、そのオバマ大統領の10月9日におけるノーべル平和賞授賞...
 対米外交を鳩山首相の命取りにさせてはいけない
152

 対米外交を鳩山首相の命取りにさせてはいけない

 私の思いが杞憂で終わるのであればそれでいい。  しかし私には鳩山首相が「対等な日米同盟」という曖昧で矛盾した標語に縛られたまま、外交に前のめりになり過ぎている危険を感じる。  普天間基地移転問題にせよ、非核三原則にせよ、東アジア共同体構想にせよ、曖昧で矛盾した発言が、鳩山総理、岡田外相、北澤防衛相から発せられ、これが...
 オバマ大統領のノーベル平和賞をどう評価するか
128

 オバマ大統領のノーベル平和賞をどう評価するか

 オバマ大統領のノーベル平和賞をどう評価するか、そのことはまたオバマ大統領の核廃絶演説をどう評価するか、ということでもある。  ある機関誌に、考えさせられる投稿が載っていたので紹介したい。  「遅まきながらオバマのプラハ演説を読んでみて」と題するその投稿は、あの演説は皆が絶賛するほど本当に素晴らしいものなのか、と問いか...
鳩山民主党政権の一カ月をどう評価すべきか
178

鳩山民主党政権の一カ月をどう評価すべきか

     これから当分の間続くに違いない民主党政権に我々はどう向かい合っていくべきか。  結論から言えば、励ましと警戒の入り混じった思いで監視していくしかない、ということだ。  そして、そのような是と非の入り混じった不安な状況は、これからも当分続くと考えたほうがいい。  「励ます」とはどういうことか。  それは鳩山民主...
Return Top