天木直人の公式ブログ

2010/4

Month

お知らせ

日米同盟を解消しないで下さいと米国に頼み込む外務官僚OB
108

日米同盟を解消しないで下さいと米国に頼み込む外務官僚OB

 以下は今日の「天木直人メールマガジン」で配信したものである。  その他、「核密約文書廃棄をめぐる外務省内部の暗闘」などについても書いています。    引用はじめ  日米同盟の将来を考える時、どうしても知っておかなければならない事がいくつかある。  一つは米国にとって在日米軍を失う事は経済的に大きな損失であり、だからこ...
 事業仕分けをどう考えるか
102

 事業仕分けをどう考えるか

   事業仕分けがまた始まった。これをどう評価すべきか。私の結論はこうである。  独立行政法人の仕分けは正しい。どんどんやるべきだ。  それを第三者である一般国民が野次馬気分で眺めるのは面白い。溜飲が下がる。  しかし、今のやり方では、仕分けするほうも、されるほうも辛いことになる。  仕分け作業をするほうは国民の手前頑...
オバマ政権がゴールドマン・サックスを提訴した衝撃
32

オバマ政権がゴールドマン・サックスを提訴した衝撃

   これは衝撃的な事件ではないのか。日本政府はもとより経済学者、評論家、メディアはあらゆる情報と分析力を駆使してこの事の意味を国民に説明しなくてはならない。  4月18日の各紙が米証券取引委員が16日、ゴールドマン・サックスを証券詐欺罪で訴えたと報じた。  米証券取引委員会は連邦政府から独立しているとはいえその人事は...
 読売新聞のスクープ記事の真偽が鳩山首相の命運を決める
69

 読売新聞のスクープ記事の真偽が鳩山首相の命運を決める

   きょう4月18日の読売新聞が一面トップで大スクープを放った。  核テロサミットにおける「鳩山・オバマ夕食会兼非公式首脳会談」の内容をすっぱ抜いたのだ。  それが真実であるかはわからない。  真実だったら鳩山首相には普天間問題を解決する資格も能力も指導力もないということだ。  もしそれが誤報であれば読売新聞は廃業に...
 米メディアに酷評される鳩山首相とそれに沈黙する外務官僚と日本のメディア
98

 米メディアに酷評される鳩山首相とそれに沈黙する外務官僚と日本のメディア

      核サミットに出席した鳩山首相の事を米紙ワシントン・ポストが酷評した。  鳩山首相を擁護するつもりはない。鳩山首相の指導者として言動には私も批判的だ。  しかし、その事と米国の主要紙が外国の指導者をここまで酷評する事とは話が別だ。しかも日本は米国の「最良」の同盟国である。  平野官房長は15日の記者会見で「い...
 パレスチナ問題に一言も触れない核サミットの欺瞞
86

 パレスチナ問題に一言も触れない核サミットの欺瞞

       今日配信したメルマガの一部を以下引用します。  パレスチナ問題に一言も触れない核サミットの欺瞞    これほどまでに露骨な核取締り強化であるとは思わなかった。どうやら米国は本気で 核テロを恐れているようだ。  しかし米国は大きな間違いを冒している。テロを力で抑える事はできない。核テロの 脅威はいくら核管理...
夕食会の10分を非公式首脳会談と呼称する欺瞞
115

夕食会の10分を非公式首脳会談と呼称する欺瞞

   私は意図して鳩山政権を批判しているのではない。それどころか他の政党よりはましだと思って鳩山政権を応援したい気持ちだ。  それでも毎日のニュースを見ているとどうしても批判的になる。  たとえば4月13日の各紙を眺めてもこうだ。    ついに菅直人財務相までもが消費税やむなし発言をし始めた。  私は如何なる意味でも増...
沖縄密約判決の蔭の功労者は鈴木宗男と佐藤優だ
99

沖縄密約判決の蔭の功労者は鈴木宗男と佐藤優だ

   4月9日東京地裁は沖縄返還時の密約文書を全面開示するよう外務省に命じる判決を下した。  この判決にはさすがに私も驚いた。2008年4月の名古屋高裁における自衛隊イラク派兵違憲判決に並ぶ歴史的判決と言える。    しかし一番衝撃を受けたのは外務省に違いない。  いみじくも日経新聞(4月10日)が指摘しているように、...
 米国と小沢・亀井の郵政改革密約説の真偽
100

 米国と小沢・亀井の郵政改革密約説の真偽

 以下は今日 4月8日に配信した「天木直人のメールマガジン」の引用です。   引用開始  米国と小沢・亀井の郵政改革密約説の真偽    密約ばやりの中で新たな密約がつくられるのか、その真偽について考える。  亀井郵政改革についてはその背景が様々言われている。いわく小泉改革を否定するという意趣返しだ、いわく数十万票といわ...
  朝鮮有事における米国の単独出撃を止められない日本
102

  朝鮮有事における米国の単独出撃を止められない日本

              朝鮮有事における米国の単独出撃を止められない日本            4月6日の東京新聞に衝撃的な記事を見つけた。  核密約検証有識者会議のメンバーであった春名幹男氏がまたもやその内幕についてのあらたな暴露証言を書いていた。  あの密約の中心は米国の核持ち込みばかりが騒がれているが、日本に...
Return Top