天木直人の公式ブログ

2010/5

Month

お知らせ

 鳩山首相の罪と福島社民党の大罪
188

 鳩山首相の罪と福島社民党の大罪

 以下本日の「天木直人メールマガジン」から引用する    引用開始  これから参院選までの気が遠くなるほど長い一ヶ月あまりの日々において、毎日のように メディアは鳩山・小沢民主党たたきを繰り返す事だろう。  耐え難いほどの愚劣な日本の政治だ。  その政治をネタにして安易な番組づくりに走るメディアの喜ぶ顔が目に浮かぶ。 ...
 見事な裏切りで終わった鳩山連立政権の普天間騒動
196

 見事な裏切りで終わった鳩山連立政権の普天間騒動

    一週間ほど日本を離れて5月28日の夜に帰国した私は今朝(29日)の朝刊で普天間基地移転問題の顛末を知った。  見事な裏切りで終わった鳩山連立政権の普天間騒動であった。  私は日本を離れる前、週刊金曜日から原稿を頼まれた。5月28日にも想定される日米共同声明の発表を見越してのコメントを書いてくれ、という。  最も...
 鳩山首相はグアム移転協定を凍結すべきだ
197

 鳩山首相はグアム移転協定を凍結すべきだ

 今日のメルマガからの転載です。  引用開始  普天間基地騒動の裏で大手メディアが決して書かないタブーがある。  それは何か。自民党政権の最後の段階で結ばれたいわゆる在沖縄米海兵隊のグアム移転に関する協定(グアム移転協定)のことだ。  この協定は、もとをただせば2006年に5月に、引退直前の小泉首相が、まるで置き土産の...
ヤクザと創価学会の真実
376

ヤクザと創価学会の真実

   このタイミングを逸したら書く意味がなくなるというテーマがある。  これから書くこともその一つだ。  発売中の写真週刊誌フライデー(講談社)の5月28日号に、「元後藤組組長が明かしたヤクザと創価学会の真実」という驚愕の記事を見つけた。  その記事は、きょう5月15日発売の自叙伝「憚りながら」(宝島社刊)のなかで元組...
今こそ憲法9条新党の結成を期待するー山内徳信、服部良一議員に告ぐ
34

今こそ憲法9条新党の結成を期待するー山内徳信、服部良一議員に告ぐ

 このブログの読者のなかで、社民党の山内徳信参院議員と服部良一衆議院議員に近い読者がいたら、是非このブログを彼らの目に届くように転送願いたい。  私は彼らが10日に官邸前の交差点の歩道で普天間基地沖縄県内移転の反対を訴えて演説を行った事を知って、深い感銘を覚えた。沖縄の平和実現を願う真の覚悟を見た。  今こそ彼らは、私...
ロシア戦勝65周年記念行事と日本の存在感のなさ
150

ロシア戦勝65周年記念行事と日本の存在感のなさ

 本日の天木直人メルマガから引用して掲載します。  引用開始           ロシア戦勝65周年記念行事と日本の存在感のなさ        誰も指摘しないことであるが私にとっては重要な記事であるので書いてみる。  5月10日の各紙が5月9日にモスクワの「赤の広場」で行なわれたロシア戦勝65周年 記念軍事パレードにつ...
 普天間基地移転問題とNYテロ未遂をつなぐもの
182

 普天間基地移転問題とNYテロ未遂をつなぐもの

 以下は今日配信した「天木直人メールマガジン」からの一部引用です  いまや普天間移転問題を取り上げる日本のメディアは、もっぱらこれを鳩山民主党政権の危機一色で取り上げているが、米国にとってはそれどころではない事態が進んでいる。 先日ニューヨークのタイムズスクエアで自動車爆弾によるテロ未遂事件が起きた。その後の調査では逮...
沖縄県民は鳩山打倒に動かなければ嘘だ
191

沖縄県民は鳩山打倒に動かなければ嘘だ

   連休の休みの時に、このような不愉快な思いをさせられて私は我慢ならない。  鳩山という男は日本の政治史の中で最悪の首相だ。  自分が説得すれば沖縄県民は納得すると思っているのだろう。  大変な思い上がりだ。  米国が了解しなかったから沖縄県民に我慢してくれと明言した。  鳩山にはまともな対米外交はできない。  自民...
憲法記念日に書いてみる
212

憲法記念日に書いてみる

 憲法の日に決まって各紙が特集する改憲論議。それらに目を通しながら、改憲論議で忘れてはならない視点を順不同で思いつくままに述べてみる。   1.一口で憲法改正といっても改正点は多くある。私の関心はあくまでも憲法9条である。憲法9条改正とその他の改正をまとめて論じてはいけない。それぞれの条文にはそれぞれの問題がある。まと...
Return Top