天木直人の公式ブログ

2010/7

Month

お知らせ

どうやら今の政治を全否定する時がきたようだ
236

どうやら今の政治を全否定する時がきたようだ

   どうやらこの国は、私が冗談交じりに唱えてきた既存の政党、政治家を全否定しなければならない臨界状態に突入しつつあるようだ。  偶然にも同じ日に行なわれた民主党と社民党の党内対立の模様を見てそう確信した。  もう元には戻れない。戻ってもうまく行かない。国民の共感を呼ぶような政治は彼らにはできない。  社民党はどうなっ...
 辻元清美の社民党離党は神が福島瑞穂に与えた千載一遇のチャンスである
205

 辻元清美の社民党離党は神が福島瑞穂に与えた千載一遇のチャンスである

    私は今日の私の有料メルマガで辻元清美の社民党離党について書いた。  辻元清美がどのような言葉をメディアの前で弄んで自己正当化しようとも白々しい。  私は平和活動に関する個人的経験から辻元清美という政治家の正体をとっくの昔に見抜いてた。  だから驚きも失望もしない。とっとと社民党を離れて民主党に行ったらどうかと思...
なんだか気色悪い世の中になってきた
186

なんだか気色悪い世の中になってきた

   猛暑のせいでもないだろうが、なんだか、世の中が緩みきっている。  気色悪い世の中になってきた。  メディアがそれを許し、いやむしろ演出している。  そう思うのは私一人だろうか。  元美人工作員と一緒に拉致被害者の子息を台所に立たせ、その仲むつまじさを 茶の間に流す。気色悪くないか。    国民を裏切った総理の妻が...
11月の沖縄知事選が普天間闘争の関が原となる
186

11月の沖縄知事選が普天間闘争の関が原となる

 11月の沖縄知事選挙が普天間闘争の関が原となる                                            メディアが金元工作員の日本訪問と相撲界の醜聞で明け暮れている時に、菅・仙谷民主党政権の売国的対米従属が進んでいる。   本土の新聞は書かないが、沖縄の新聞は大きく報じている。7月20日...
米海兵隊訓練の徳之島移転断念スクープが意味するもの
198

米海兵隊訓練の徳之島移転断念スクープが意味するもの

                7月20日の読売新聞が一面トップでスクープを掲載した。  それは、5月末に日米間で合意したはずの「米海兵隊訓練の一部を徳之島へ移転する」という方針を、日本政府が白紙に戻す方針を固めたという記事である。  その理由として、読売新聞はこう書いている。  「・・・厳しい財政事情を背景に、歳出を...
小沢一郎よ、今こそ立ち上がれ!
143

小沢一郎よ、今こそ立ち上がれ!

 小沢一郎に告ぐ。  小沢一郎の側近政治家に告ぐ。  そして小沢一郎に期待する国民に告ぐ。  小沢一郎は今こそ立ち上がるべきだ。  側近政治家は血判状を持って小沢一郎にそれを迫るのだ。  そして小沢一郎に期待する国民は、小沢一郎に決起を求める一大国民運動を起こすのだ。  小沢一郎よ。  検察審査会の決定に影響を受けては...
 渡辺善美と江田憲司に告ぐ。事務次官を廃止してみろ
188

 渡辺善美と江田憲司に告ぐ。事務次官を廃止してみろ

 私は渡辺善美の地元である栃木県西那須野の住民である。  今度の参院選挙では比例区も選挙区もともに「みんなの党」に投票した。  それは「みんなの党」が政治家、官僚こそ真っ先に身を切れと掲げたからだ。  今度の参院選では大躍進した。支持者の一人としてはご同慶の至りだ。  今日(7月14日)の各紙によれば民主党が公務員改革...
奇想天外の「超新党」計画を書いた週刊大衆
186

奇想天外の「超新党」計画を書いた週刊大衆

 以下は今朝配信した「天木直人メールマガジン」です。  この考えに賛同する読者は是非ともメールマガジンの購読者  になって下さい。ともに日本の政治を変えて行きましょう。 □■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】 ■□■ □■  天木直人のメールマガジン 2010年7月12日発行 第15号 ■   ...
選挙後は増税、安保、公務員改革を軸とした政経再編を望む
185

選挙後は増税、安保、公務員改革を軸とした政経再編を望む

□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】 ■□■ □■ 天木直人のメールマガジン 2010年7月10日発行 第12号 ■        ─────────────────────────────    選挙特集その1     選挙後は増税、安保、公務員改革を軸とした政界再編を望む         ...
だまされて終わる普天間基地問題
195

だまされて終わる普天間基地問題

             政治家もメディアも参院選挙と消費税問題で明け暮れている時に、とんでも ない事が官僚主導で進んでいる。あの普天間問題が丸め込まれて終わろうと しているのだ。  それを見事に教えてくれる記事を私は見落とさなかった。  一つは7月3日の読売新聞のスクープ記事である。  米国が海兵隊の戦闘部隊をグアム...
Return Top