天木直人の公式ブログ

 代表選に勝っても捨てられる運命にある菅首相

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 
 私の書くことは常に正しいからそう思って読んでいただきたい。
 今度の民主党代表選挙では大手メディアが一致して小沢一郎の総理誕生を阻止しようとしている事が誰の目にも明らかになった。
 その偏向振りにはあきれ返るほかはないが、ついに9月7日の産経新聞が菅直人夫人の寄稿をデカデカと掲載し、自分の亭主を総理にしてくれと言わせている。
 こんな寄稿を臆面もなく新聞紙上に書く方も書く方だが、その事はここでは問わない。
 私が言いたいのはなぜ産経新聞はここまで菅直人を応援するのかである。
 それは勿論小沢に勝たせたくないからだ。
 しかし産経は決して菅直人の政治スタンスを支持しているわけではない。
 それどころか菅の後ろにいて影響力を行使している仙谷ともども、「市民派あがりや左翼崩れに何が出来る」とののしっているほどだ。
 この事は何を意味するのか。
 まず小沢をたたき、倒す。
 そしてそのあと菅、仙谷を叩いて、対米従属派の岡田や前原、野田、玄葉などの民主党にしてしまうということだ。
 ただでさえ傀儡の菅直人だ。もし代表選に勝って総理にしがみつきたいと菅直人が
考えるのなら、今以上に対米従属派の傀儡になって突っ走るしか他にない。
 この事こそ米国の手先に成り下がった大手メディアが目論んでいる事に違いない。
 好き嫌いを超えて国民は小沢一郎に勝たせるほかはない。
                                  了
 ブログ読者の皆様へ
 
 同じ思いを抱く読者の一人でも多くの方々に、「天木直人のメールマガジン」の読者になっていただきたいと願っています。
 ともに日本の政治を監視し、真実を語るメディアづくりに挑戦していきませんか。
 あらゆる組織、政治勢力から自立し、反権力、平和外交、判官びいきの立場から、大手メディアの報じる裏にある真実を追求すべく毎日欠かさず配信しています。
 8月は、以下のテーマでメルマガ執筆しています。
 定期購読申込と同時にその月のはじめにさかのぼって購読できます。
 過去のメルマガは一か月分500円(消費税込み)で購読できます。
 申し込みはこちらから ⇒ http://foomii.com/00001
08/31号 日米同盟があるかぎり日本は苦しむ事になる
08/30号 小沢政権でなくても日米合意は白紙に戻さざるを得ない
08/29号 仙谷官房長官の政治資金疑惑をスクープした朝日新聞の背後を深読みする
08/28号 潘基文国連事務総長の核廃絶演説の真価が問われるのはこれからだ
08/27号 イラク戦争の検証はこのエピソードひとつで十分だ
08/26号 米国議会で演説できなかった小泉首相
08/26号 イラク開戦を支持した事を一切検証しようとしないこの国の指導者たち
08/25号 国民に嘘をついていた日米核密約調査有識委員会
08/24号 アスベスト問題の次は調査捕鯨問題だ
08/23号 納税者である我々は次期戦闘機購入をめぐる実態に目を向けるべきだ
08/22号 私が菅民主党政権を支持しない理由ー官僚支配を復活させた罪
08/21号 東京新聞の健闘を無駄に終わらせてはいけない
08/21号 いまだに事業仕分けを売り物にする蓮舫議員の愚
08/20号 パキスタンの洪水被害に陸自派遣を決定した菅民主党政権の対米従属ぶり
08/19号 菅民主党政権はアスベスト問題を取り上げなければ偽物だ
08/18号 鎌田慧が見抜いた「欺瞞の平和論」
08/17号 昭和天皇の責任を正面から問うた注目すべき二つの記事
08/16号 「国民に背く事は断じてしない」という尾崎秀美(ほつみ)の言葉
08/15号 安全保障より経済だ
08/14号 円高に無策な菅・仙谷民主党政権とその対米従属ぶり
08/13号 日韓併合100年「首相談話」をあらためて検証する
08/12号 日航ジャンボ機御巣鷹山事故の真相を考える
08/11号 船橋洋一朝日新聞主筆の駐米大使就任の可能性はほぼゼロ
08/11号 相次ぐ自民党大物政治家の醜聞報道と大手メディアの無責任さ
08/10号 舟橋洋一朝日新聞主筆の駐米大使就任はあるのか
08/ 9号 菅民主党政権を追い詰める米国の軍事負担増額圧力
08/ 8号 菅民主党政権のもう一つの外交試練ー日韓併合100年「首相談話」
08/ 7号 鹿児島県阿久根市の動きに注目したい
08/ 6号 核テロをなくすには核兵器なき世界をつくるしかない
08/ 5号 米国の対イラン制裁強化法が日本に及ぼす深刻度
08/ 4号 自民・民主の大連立を願う朝日新聞の社説
08/ 3号 原子力発電所の本当の危険性
08/ 2号 戦争とジャーナリズムについて考える
08/ 1号 ウキリークスの衝撃度
▼2010年7月配信分 ⇒ http://foomii.com/00001/201007
▼2010年6月配信分 ⇒ http://foomii.com/00001/201006
それ以前のバックナンバーはこちら
http://foomii.com/00001/articles
────────────────────────────────────
Copyright ©2005-2010 www.amakiblog.com
Posted by 天木直人 | Trackbacks[0]
213
Return Top