天木直人の公式ブログ

検察改革はどうなったのか

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 
 
 柳田法務大臣の失言は悪すぎる。
 菅・仙谷政権のために助言すれば、菅首相は一刻もはやく更迭すべきだ。
 柳田法相は民主党政権のためを思えば一刻も早く自発的に辞任すべきだ。
 これで柳田法相の首が取れなければ自民党は永遠に政権を取り返せない。
 しかし、柳田法相の事を私が心配する必要はない。
 私がここで読者の注意を喚起したいのは柳田法相が、検察改革を成し遂げる
までは辞めない、と繰り返し言っている事についてである。
 そう言えば思い出した。あの検察改革はどうなっているのか。大騒ぎした
大坪大阪地検特捜部長らの逮捕問題はその後どうなっているのか。
 そう思っていたら情報月刊誌サイゾー12月号にに驚きべき記事を見つけた。
 それを読むと、本物の検察改革とは、調査活動費という裏ガネ問題の正しい
処罰なくしてはありえないことがわかる。
 そしてその処罰は決してなされないことがわかる。
 検察改革はとかげの尻尾きりで終わるのだ。
 なぜならば政治家と検察と大手メディアが長年にわたって裏でつながっている
からだ。
 弱体な菅・仙谷民主党政権では真の検察改革はとてもできない。
 ましてや自ら司法・検察にまったく無知だと認めている柳田法相に
検察改革などできるはずはない・・・
                                了
 この続きは今日の「天木直人のメールマガジン」で。                                          
申し込みはこちらから ⇒ http://bit.ly/arIQo1
購読開始、解約は随時自由です。
定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読できます。
◎2010年10月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/9Q1OBZ
◎2010年9月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/b0jbTH
◎2010年8月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/9eVKaX
それ以前のバックナンバーはこちら
⇒http://bit.ly/9hc76u
335
Return Top