天木直人の公式ブログ

植草一秀氏の新著「日本の独立」(飛鳥新社)の刊行を歓迎する

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 
出版社を通じて植草一秀氏の最近著「日本の独立」(飛鳥新社)の献本を
受けた。510頁におよぶ大著であるが一晩かけて一気に通読した。
 通読して、この書からほとばしる植草氏の執念と覚悟に感銘を受けた。
 この書が貫くテーマは、小泉首相以降のこの国が、米国に操られた自民党
政治家、官僚、財界、メディアの結託によって、いかに反国民的な状態に置か
れてきたか、という事である。
 そしてその支配を担保してきたものが、「国策捜査」という名の警察・検察
・司法官僚による作為的逮捕、捜査、裁判なのである。
 このテーマについて書かれてきた本はこれまでにも数知れずある。
 特に最近はそういった指摘が頻繁に見られるようになった。
植草氏はそれらの言説をほぼ網羅的に引用した上で、自らの知見と体験に基
づいて集大成した。
 その内容の中には、私の「さらば同盟」の主張も引用されており、私がかねて
から問題提起しているこの国の矛盾の数々が含まれている。
この書は、同じ考えを持つ者はもとより、世の中の仕組みに気づいていない
大多数の無邪気な国民にとって、必読の書である。
その一方で、そこで実名をあげて徹底的に批判されているこの国の権力者や
それに与する人たちにとっては唾棄すべき書であろう。
この書と著者である植草氏は権力者たちから排斥され続けるであろう。
 それを覚悟の上で植草氏はこの書を世に出した。そこに私は注目し歓迎する。
この書のもう一つの特徴は、小沢一郎という政治家の復権を望む最強の書
となっているところである。
 小沢一郎にとっては政治家冥利に尽きる書である。
 果たして小沢一郎は植草氏の期待に応える事ができるか・・・
 詳しくは「天木直人のメールマガジン」を参照下さい。
 申し込みはこちらから ⇒ http://bit.ly/arIQo1
 定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てが購読できます。
随時解約自由です。
 
315
Return Top