天木直人の公式ブログ

2010/11( 2 )

Month

お知らせ

稲盛氏にはその晩節を汚してほしくない
338

稲盛氏にはその晩節を汚してほしくない

    民主党が行き詰まってしまった今、稲盛和夫氏はどのような心境にあるのだろうか。  11月11日の東京新聞に、京セラの稲盛和夫名誉会長が民主党の鳩山前首相、小沢一郎元代表と10日夕に京都市内で会談した、という記事があった。  その記事を読んで私はそう思った。  自民党政権を支え続けるこの国の財界から孤立する形で、稲...
斉藤つよし民主党議員は本物の護憲政治家か
462

斉藤つよし民主党議員は本物の護憲政治家か

    斉藤つよしという民主党の政治家がいる。     2005年9月の郵政解散総選挙に神奈川11区で小泉前総理と戦って落選した 政治家である。2009年の総選挙で民主党公認の比例南関東ブロック候補で 出馬して衆議院議員に返り咲いた。  なぜ私が斉藤つよしに関心があるのか。それは私もまた2005年の郵政 選挙で同じ神奈...
左翼が右翼に勝てない理由
318

左翼が右翼に勝てない理由

   私のように何のしがらみも無く世の中の動きを中立的に見ている とよくわかるのであるが、いま世の中はどんどん保守化、右傾化して 行っている。  左翼が右翼に完全に負けつつある。  なぜ左翼は右翼に勝てないのか。  その理由はあまたあるが最大の理由はこうだ。  右翼はなんだかんだ言っても日米同盟という名の対米従属政策で...
事業仕分けの大きな勘違い
25

事業仕分けの大きな勘違い

 事業仕分けのむなしさに皆が気づき始めたようだ。  何のための事業仕分けだったのか。  それはもちろん無駄をなくすためだ。  なぜ無駄をなくさなければいけないのか。  それは予算が足りないからだ。赤字財政だからだ。  しかし、その一方で景気回復が叫ばれる。景気をさせるためには ケインズ流にいえば無駄使いが必要だ。  特...
メディアは戦争カメラマン渡部陽一をおとしめるな
249

メディアは戦争カメラマン渡部陽一をおとしめるな

   私の書く事に対し、よくも批判ばかり出来るものだ、器量が狭く卑しい と言ってくる者がいる。  それらに対し私は決まってこう答える。私が批判するのは権力者の悪だ。不正義だ。  権力者を批判できなくてどうする、と。  その立場から言えばこれは弱者の戦場カメラマン渡部陽一に対する批判ではない。  渡部陽一を使い捨てにする...
長男をコネで政策秘書にした菅直人首相
275

長男をコネで政策秘書にした菅直人首相

 政治家が税金泥棒であるのは今に始まった事ではない。  回りを身内で固めて公費を食い物にしているザマは珍しくもない。  しかしここまで書かれるとさすがに腹が立つ。  写真週刊誌「フラッシュ」の11月23日号に、菅直人首相がコネで 長男に政策秘書の資格を与え、いずれ自らの政策秘書として取り込むつもりだ、 と書いていた。 ...
米国の御用新聞に成り下がった朝日新聞
222

米国の御用新聞に成り下がった朝日新聞

   誰もがごまかしだと思っている民主党政権の「政策コンテスト」。  つまり国民の声を取り入れて公開で予算査定をするという奴だ。  それを朝日新聞が13日の社説でべタ褒めしている。  その理由は思いやり予算を「政策コンテスト」から切り離して米国の要望 通り認めると玄葉や安住が言い出したからだ。  日中首脳会談が実現した...
APEC後に政局は激動するのか
251

APEC後に政局は激動するのか

   海保ビデオ流出でまた一つあらたな事実が報道された。  流出したビデオ映像が一時海上保安大学校のコンピューターの共有フォルダーに 保存され、多くの海保職員が見られる状態だった、というのだ。  この新事実の重大性は、機密保持がずさんだったという事だけではない。  甘かったビデオ管理がある時点から厳しくなった その背景...
思いやり予算の現状維持は「妥当な判断だ」と掲げる読売社説の馬鹿さかげん
215

思いやり予算の現状維持は「妥当な判断だ」と掲げる読売社説の馬鹿さかげん

 今日(11月12日)の読売新聞は思いやり予算の「現状維持」は妥当な判断だ。 その決断を急いではやく日米交渉をまとめろ、と書いている。  この社説を読んで納得する者は馬鹿だ。  すでに日本政府は国民の了解なしに米国に現状維持を伝えている。  それに満足せずに増額しろと米国が要求しているから交渉がまとまらないのだ。  読...
小沢一郎の前に仙谷由人の政治生命が終わることになる
291

小沢一郎の前に仙谷由人の政治生命が終わることになる

 尖閣ビデオの問題は思わぬ急展開を見せることになる。 海上保安間が流出させたことが明らかになった事だけではない。  その海上保安官が、国民の知る権利の為に辞職を覚悟でやったと述べたからだ。  政府も、その代弁を繰り返す大手メディアも真相の解明には時間がかかると ごまかしている。  ところが日本テレビがその海上保安官を事...
Return Top