天木直人の公式ブログ

 菅首相が強気に出るわけ

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 今日(12月23日)日の大手新聞の記事の中で私が最も注目したのは、
日経新聞が報じていた「谷垣自民党総裁の訪米中止」という記事である。
 それによると、来年1月11日―16日の日程で訪米を予定していたが、
米政府要人との面会日程が入らずに断念したことが22日明らかになった、
というものである。
 これは、谷垣自民党総裁が米国政府に捨てられた、ということだ。
 もはや米国は日本の政権などどうでもいいと思っているに違いない。むしろ
弱体政権ののほうが米国の命令を何でも聞くから都合がいいと思っているのだ。
 菅直人という政治家はおよそ米国にはなじまない政治家であり、米国にとって
は評価出来ない政治家である。
 そんな政治家がこの国の首相になって、米国のいう事に絶対服従しながら、
米国には一向に評価されない。
 それが今の日米関係である。
 最悪である。
 それでも菅首相はこのニュースを見て喜んでいるに違いない。
 小沢も自民党も米国から嫌われた。
 俺しかいないじゃないか、と。
 強気にでるわけである。
                           了
 
204
Return Top