天木直人の公式ブログ

「朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫) 」を国民は今こそ読むべきだ。

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 
 今度の福島原発事故を通じて、みずから目にし、人から教えられて、
私は様々な事を知った。
 これまで殆ど無知であった放射能物質の非人間性を知った。
 その事を一番良く知っていなければならない唯一の被爆国である
日本国民が、まさしく私もそのひとりであったのだが、それに気づか
ないまま生かされてきたことを知った。
 原発開発の裏にある、あまりにもすさまじい政府、官僚、業界、
御用学者、メディアたちの癒着を知った。
 その癒着が、原発に関するあらゆる不都合を国民から隠蔽し、
原発に代わるあらたなエネルギー開発の努力をことごとく潰して
きたこを知った。
 公共料金と言う名で国民から徴収する、その膨大な利益で、接待
づけ、天下り受け入れなどを繰り返して来た東電の顔を知った。
 その甘味に群がったこの国の支配階級たちの厚顔を知った。
 市民派の菅直人政権もまたそれを克服できない事を知った。
 そして何よりも、それらすべての膨大な情報がネットや雑誌で
流されるようになった今でも、大手新聞やテレビは一切その事に触れ
ないこと、それが今回の福島原発事故でも繰り返されている事を
知った。
 その反国民性は、もはや権力犯罪とでも呼ぶにふさわしい悪だ。
 しかし、今度の福島原発事故に関して私が知った断片的な情報の
中で、私がもっとも衝撃を受けたのは東海村臨界事故によって致死量
の放射線を浴びて死んでいった35歳の作業員のことである。
 「朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫) 」
 NHKのドクメンタリーの記録であるこの本は福島原発事故によって
放射能の恐ろしさを知った日本国民がいまこそ読むべきなのだ・・・
 
 この続きは今日の「天木直人のメールマガジン」で書いています。
 これまで私が書いてきたどの文章よりも強い悲しみと怒りをこめて
渾身の力で書き綴っています。
  「天木直人のメールマガジン」はあらゆる政党、政治家から自立し、
反権力、対米従属からの脱却、平和外交、弱者の視点から、メディア
の書かない真実を追求しています。
    
 申し込みはこちらから ⇒ http://bit.ly/arIQo1
 定期購読(月額税込み500円)申込と同時に当月配信のメルマガ
全てをさかのぼって読むことができます。
◎2010年 2月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/f7fVC0
◎2011年 1月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/fdsaP6
◎2010年12月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/f06Hwp
それ以前のバックナンバーはこちら
⇒http://bit.ly/9hc76u 
303
Return Top