天木直人の公式ブログ

 そこまでして巨人に勝たせたいんか!!

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
  
 4月22日の日刊ゲンダイに20日に行われた巨人対阪神
の試合の判定について書いた記事を見つけた。私もたまたま
そのゲームを見ていたのでこの記事に目が釘付けになった。
 その試合は5対4で阪神が逆転負けを喫した試合だった。
三連戦の初戦を勝った阪神は、この試合の逆転負けにより水を
さされ、続く第三戦目も負けて、結局三連戦は1勝2敗で終わる
事になった。
 日刊ゲンダイのその記事は、勝負の流れを変えたその第二戦
について、三度に及ぶ巨人に有利な審判の判定について書いていた。
 その中でも明らかな誤審だったのは阪神が一点を勝ち越した7回
裏の阪神の攻撃の場面だ。逆転し、なおも2死一、三塁の好機で
5番のブラゼルが打った打球は高々とあがった。それを二塁手脇谷
がよろよろと落下地点に入り、そしてファンブルした。一度は
グラブから飛び出した打球を脇谷は倒れこみながら捕球したが、
その打球は一旦地面に落下したように見えた。一塁審判は、やや間
を置いて右手を上げ、アウトを宣告する。
 その時だ。阪神の真弓監督が怒って「落としてる!落としている
やないか!!」と詰め寄った。テレビで繰り返し流されたスロー映像
を見る限り、脇谷のグラブからこぼれ落ちたボールは明らかに一度
地面に落ちている。しかし判定は覆ることはなかった。
 ゲンダイの記事は続ける。微妙な判定はこれだけではない、と。
直後の8回、先頭打者の小笠原のショートへの内野安打。微妙な
タイミングだが同じ審判の判定はセーフ。これをきっかけに巨人
は3点を入れて逆転した。その後の無死一、二塁で迎えた高橋由
に対する外角低めの絶好球が「ボール」と判定された。テレビ解説者
も思わず「いいボールですけどねえ」と口にしたほどだ、と。
 私の年代の者がそうであるように私は野球少年だった。そして
大方の子供がそうであったように私もまた大の巨人ファンだった。
巨人が負けたゲームはテレビに物をぶつけて怒られるほどのファン
だった。
 その私が社会人になっていつの間にか巨人ファンでなくなった。
社会人になってしばらくはまだ巨人ファンだったと思う。それが
いつしかアンチ巨人になっていった。なぜ、いつごろから、そのよう
になって行ったかはわからないままだった。
 そしてこの記事を読んでなんとなくその理由がわかったような気が
した。私がアンチ巨人になったのは、世の中に出てだいぶ時がたって
からだ。家族ができ、世の中の仕組みがわかってきたときからだ。
社会の不条理を知ってからだ。何よりも外務省という官僚組織の中に
身を置いて組織の論理の矛盾を感じて行った時期と符号するような気
がする。
 その日刊ゲンダイの記事はこういう文章で締めくくられていた。
 「・・・(判定は)ことごとく阪神に不利に出た・・・星野仙一元
阪神監督なら間違いなく審判団にこう声を荒げているに違いない。
『そこまでして巨人にかたせたいんかっ!!』・・・」
 この言葉は、私が外務省にいた頃によく自分に言い聞かせていた言葉
と重なって見える。
 「そこまでして出世したいのか」、と。
 組織の中で出世できなかった不器用な者の負け惜しみと言われても
仕方がない。しかしそれは間違いなく私の思いであった。
 私が巨人を嫌いになったのは巨人のせいではない。巨人を勝たせよう
とする体制側の不正義に違いない。
                          了
ブログ読者へのお知らせ
 「もう一つの日本をつくる」緊急提言の発表
 私は有料「天木直人のメールマガジン」で、今回の原発事故
の被災から日本が立ち直るためには既存の支配体制、すなわち
政・菅・財・メディアが主導するやり方では無理である、という
認識から、「もう一つの日本」を、これまでの権力構造の外に置かれて
きた被災地住民やそれを支持する人たちの手によって立ち上げるしかない、
という構想を、メルマガの読者とともに練ってきました。
 そしてその構想を、緊急提言の形で2万字あまりにまとめて4月22日の
メルマガで発表しました。それをどのように実現していくかについて
メルマガの読者とともにさらに協議を重ねていこうと思っています。
関心のあるブログの読者にはぜひ参加していただき、考えをお聞かせ
いただきたいと思います。
 「天木直人のメールマガジン」はすべての既存政党から自立し、反権力、
脱官僚、脱対米従属、平和外交、判官びいきの立場でメディアの裏にある
真実を毎日休まず配信しています。
 
 申し込みはこちらから ⇒ http://bit.ly/arIQo1
 定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって読めます。
 ◎2011年 3月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/ghVmSs
 ◎2011年 2月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/f7fVC0
 ◎2011年 1月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/fdsaP6
 
283
Return Top