天木直人の公式ブログ

浜岡発言で菅首相は行き詰まる。それを切り抜ける唯一、最強の反撃策がある。

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 
 このままでは菅首相は自らの原発発言で追い込まれることになる。
 体制側の猛烈な菅たたきが始まるからだ。
 そしてそれに対して今の菅政権の陣容では正しく対応できそうもない。
 菅首相が叩かれても私は一向に構わない。
 菅民主党政権がどうなっても知ったことではない。
 しかしそれによって脱原発の気運が挫かれてしまうことだけは
なんとしてでも防ぎたい。
 脱原発の機運を後戻りさせないようにするにはどうすればいいか。
 それは世論を味方につけることだ。世論を脱原発の方向に定着させ
ていくことだ。
 そしてその事は可能である。
 今度の福島原発事故で世論は原発事故の怖さを知った。放射能汚染の
怖さを知った。
 だから菅首相が浜岡原発に地震が起きる可能性が87%であると言って
操業停止要求をした時、それがパフォーマンスであっても、誰も反対でき
なかった。
 しかし地震や津波だけだったら対応策を講じればいいということになる。
 地震・津波と原発の両立は技術的に可能だという事になる。
 菅首相が保身のためにこれに迎合し、原発政策をこれからも容認する
ようになると最悪だ。何も変わらない。
 しかし原発の「危険性は、実は地震や津波だけでもたらされるものではない。
 原発を日本列島に抱え続けるともっと現実的で深刻な危険に日本国民は
さらされ続ける事になる。
 それを指摘することはタブーだ。果たして菅首相はこのタブーに切り込む
覚悟があるのか。
 菅首相が試されるのはまさにこの一点である・・・
 
 この続きは今日の「天木直人のメールマガジン」で書いています。
 
 「天木直人のメールマガジン」は、特定のイデオロギーに偏すること
なく、既存政党から自立し、反権力、脱官僚、脱対米従属、平和外交、
判官びいきの立場からメディアの裏にある真実を追求しています。
毎日休まず配信しています。
 
 申し込みはこちらから ⇒ http://bit.ly/arIQo1
定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読
できます。
◎2011年 4月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/jPwGk1
◎2011年 3月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/ghVmSs
◎2011年 2月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/f7fVC0
269
Return Top