天木直人の公式ブログ

社民党は脱原発でも護憲でもないということだ

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 菅首相は脱原発でも護憲でもない。
 それはサミットにおける菅首相の原発政策容認発言で明らかだ。
 それは何から何まで対米従属の日米同盟最優先政策で明らかだ。
 それにもかかわらず社民党は菅首相の不信任決議案に同調しない
という。
 これには驚いた。
 注目しよう。もし本当に不信任決議案に賛成しなかったら、社民党
は本気で脱原発や護憲を実現しようとしていない政治家の集まりという
ことだ。権力に擦り寄って保身を図る集団だ。
 解散・総選挙は早晩行なわれる。今度こそ社民党はなくなって
欲しい。
 その後に真の脱原発、護憲の大衆政党ができなければこの国の
政治は危うい。
                          了
 「天木直人のメールマガジン」は、特定のイデオロギーに偏すること
なく、既存政党から自立し、反権力、脱官僚、脱対米従属、平和外交、
判官びいきの立場からメディアの裏にある真実を追求しています。
 今日の「天木直人のメールマガジン」ではほかに次のテーマで
書いています。
 1.菅政権の最も深刻な罪は米国の占領を加速させたことである
 2.菅首相に小泉元首相のいい加減さがあればサミットで活躍できた。
   すべては後の祭りだ。
 3.風評被害の払拭相手は中国や韓国の首脳ではない、という正論
  
 申し込みはこちらから ⇒ http://bit.ly/arIQo1
 定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読
できます。
◎2011年 4月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/jPwGk1
◎2011年 3月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/ghVmSs
◎2011年 2月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/f7fVC0
 
272
Return Top