天木直人の公式ブログ

前原の民主党代表選参戦で俄然面白くなったこの国の政局

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 
 前原の突然の民主党代表選参戦で、この国の政局は俄然面白くなってきた。
 これはもちろん皮肉だ。
 そして政治が面白くなったとは言わない。
 この国の政治はしょせんくだらない。反国民的だ。
 くだらない政治の下でうごめく政局が面白くなったとい言っているのだ。
 前原の参戦によって代表選は前原の勝利で決まりだろう。
 しかしそれによっても民主党の安定政権はおぼつかない。
 前原の参戦によって、小沢が推す候補との対決選挙となれば民主党の分裂は
残ったままだ。もっと分裂する。
 だからたとえ前原が勝って民主党の結束は望めない。
 もっともそれによって小沢新党の流れが加速すれば、それはそれで
面白い。
 その一方で小沢が最後に前原を推すという情報がここにきてまことしやかに
語られる。
 つまり仙谷が小沢に頭をさげるということだ。小沢が勝ち馬に乗るということだ。
 しかし、骨肉の対立をしてきた小沢、反小沢が手打ちできるのか。
 常識的にはありえないが、民主党が政権を維持したいと考えるのならば
その「まさか」もありうる。
 自民党政権への逆戻りだけは許さないと考える連中や、政権にしがみつきたい
と考える社民党や連合、国民新党はそれを望むだろう。
 下手な対立候補を推して前原に負けるよりも、影響力を残して民主党を立て
直したいと小沢が考えればそれもありだろう。
 しかし、その場合でもこの国の政治はよくならない。 国民生活は救われない。
 政策がねじれるからだ。国民の間にもやもや感が残るからだ。
 私が望むのはこの国の「政治の先鋭化」である。
 すなわち政官財米の側に立つ政治か、一般国民の側に立つ政治かの選択を
国民にわかりやすく提示できる「政治の先鋭化」だ。
 そしてその一方に小沢が立つことだ。
 それに向かって始まる新党設立と政界再編こそ正しい政治に向かっての、
皮肉でなく本当に面白い政局なのだ。
 私が小沢一郎に今度の代表選にはかかわるな、裁判で無罪を勝ち取ること
を優先させろと繰り返し言っていることは、その時にそなえて政策力を磨け、
覚悟を決めろ、ということだ。
 前原の参戦ですべてが明らかになってくる。
 小沢もまた試されることになる。
 政局がおもしろくなってきたという理由がそこにある。
                            了
 「天木直人のメールマガジン」は誰も書かない、書けない真実を追及
して毎日多くのテーマで発信しています。
 
 申し込みはこちらから ⇒ http://bit.ly/arIQo1
 定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって
購読できます。
 ◎2011年 7月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/pkCroj
 ◎2011年 6月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/kWJEbA
 ◎2011年 5月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/lrgrEd
 それ以前のバックナンバーはこちら
 ⇒http://bit.ly/9hc76u
 
309
Return Top