天木直人の公式ブログ

野田首相の最強の敵は自民党の稲田朋美議員である                                 

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 これまでの予算委員会を聞いて感じることは野田首相が自らの本心
をまったく語らないことだ。
 おそらくこのまま曖昧答弁に終始して今度の国会は幕引きされる
ことになるだろう。
 野田首相にしてみれば無事に最初の国会を乗り切ったことになる。
 しかし野田首相には忘れられない質問があるはずだ。
 それは衆院予算委員会の初日(9月26日)の最後に行なわれた
稲田朋美自民党衆院議員の質問である。
 稲田朋美議員は、なうての国粋主義的な政治家だ。
 その稲田氏議員が藤田首相を褒め殺したのだ。
 すなわちA級戦犯は犯罪人ではないという野田首相の過去の発言
(質問主意書)などを引用し、野田首相と自分たちの考えは同じだ、
だから野田首相に期待した。それなのに首相になったとたん、本来
ならばその信念を政策に実現すべきなのに封印してしまった。靖国
参拝もしなかった。何のために首相になったのか、何のために政治
家をこころざしたのか、と詰め寄ったのだ。
 これに対し野田首相は正面から答えなかった。というよりも答え
られなかった。
 なぜならば稲田議員が指摘するように野田首相の国家観は稲田
議員のそれと根本において同じだからだ。国粋的国家観なのだ。
 個々の政策問題であればまだごまかせる。
 しかし国家観にかかわるとなると深刻だ。
 ごまかし続けることは自己否定をすることである。
 だから野田首相は執拗な稲田議員の質問に顔がこばわり、まわり
の閣僚たちも凍り付いたように沈黙せざるをえなかったのだ・・・
 この続きは今日の「天木直人のメールマガジン」で書いています。
 「天木直人のメールマガジン」は反権力、脱官僚支配、対米自立、
判官びいき、の観点から、メディアの報じない真実を追及して毎日
配信しています。
 申し込みはこちらから ⇒ http://bit.ly/arIQo1
定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読
できます。
◎2011年 8月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/ouQFWe
◎2011年 7月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/pkCroj
◎2011年 6月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/kWJEbA
それ以前のバックナンバーはこちら
⇒http://bit.ly/9hc76u
                           
175
Return Top