天木直人の公式ブログ

2011/9( 2 )

Month

お知らせ

小泉純一郎は首相を辞めてもやはり救いがたい 
120

小泉純一郎は首相を辞めてもやはり救いがたい 

  小泉元首相が9月18日に川崎市内で講演し、日中関係について要旨次 のように述べたという。  「『靖国神社に参拝しなければ中国とうまくいく』なんていうのは 関係ない。参拝しようがしまいがいまだに沖縄・尖閣諸島で摩擦が起こ っている」、と。  小泉元首相はさらに講演で、チリで開かれたアジア太平洋経済協力 会議(APEC...
こんな予算が認められるようでは暴動が起きなければウソだ 
130

こんな予算が認められるようでは暴動が起きなければウソだ 

□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】 ■□■ □■ 天木直人のメールマガジン2011年9月18日第652号 ■     =============================================================  こんな予算が認められるようでは暴動が起きなければ...
イラク戦争検証はこれできまりだ
127

イラク戦争検証はこれできまりだ

野田新政権のだめなところは、ノーサイドと言って菅政権を支え続けた 側近議員をけじめなしに新政権の下で使っているところである。  その典型が福山哲郎議員の参院外交委員長起用であり斉藤つよし議員の 内閣官房副長官起用である。  斉藤つよし議員はあのイラク戦争検証議連の発起人であり会長だ。  その斉藤つよし議員は菅民主党政権...
天皇を携帯電話のカメラで写した国会議員
144

天皇を携帯電話のカメラで写した国会議員

 天皇陛下が国会の開会式に出席した際に、携帯電話のカメラで写真を とった議員いたという記事が各紙に小さく載っていた。  そんなことは私にとってはどうでもいいことなので気にも留めていな かった。  ところが9月16日の日刊ゲンダイにその国会議員が民主党会派所属 で無所属の平山誠議員であると、次のように書かれていたことを読...
ルビコンを渡った古賀と渡辺を応援する
139

ルビコンを渡った古賀と渡辺を応援する

   古賀茂明経産官僚の官僚批判はとどまるところを 知らない。  官僚支配に戻った菅、野田、仙谷民主党政権に対する 批判が激しい。  テレビに出まくり、雑誌、週刊誌で言いたい放題だ。  その度胸に驚かされる。  そんな古賀氏は民主党政権からは排斥される。  だからといって官僚と共存する自民党が彼を支援 することはない。...
片山善博氏にはつくづく失望させられた
135

片山善博氏にはつくづく失望させられた

   「金はないけど暇ならある」私は、自慢じゃないが毎日早朝から 各局のテレビ報道番組を眺め、大手新聞各紙を読んで一日をはじめる。  そんな私が言っているから間違いはない。  政治報道がまったくつまらなくなった。  誰を応援すればいいか、誰を批判すればいいか、それが分からなく なったからだ。  野田政権など期待できるは...
政治報道が迷走しはじめたわけ
129

政治報道が迷走しはじめたわけ

   私のように特定の支持イデオロギーや特定の支持政党を持たない 者にとって、そしておよそ政治に真面目にかかわるものは馬鹿だと政治 を全否定するものにとって、まことに面白い政治状況になってきた。  最近の政治報道や、政治ブログが完全に混迷し始めた。  何を言っているのかわからなくなってきた。  それもそのはずだ。政治家...
ソウル幸福村―これは韓国版「もう一つの日本」づくりではないのか 
132

ソウル幸福村―これは韓国版「もう一つの日本」づくりではないのか 

□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】 ■□■ □■ 天木直人のメールマガジン2011年9月12日第636号 ■     =============================================================  ソウル幸福村―これは韓国版「もう一つの日本」づく...
絶望的な第3次復興補正予算と「もう一つの日本」づくり 
138

絶望的な第3次復興補正予算と「もう一つの日本」づくり 

□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】 ■□■ □■ 天木直人のメールマガジン2011年9月11日第632号 ■     =============================================================    絶望的な第3次復興補正予算と「もう一つの日本...
前原発言と産経新聞の社説の暴言を見落とすな
116

前原発言と産経新聞の社説の暴言を見落とすな

 野田内閣の閣僚の失言、暴言が相次いでいる。  それらはもちろん批判されるべきだ。  辞任に値する。野田内閣の責任も問われる。  しかし所詮はお粗末な政治家のお粗末な発言だ。  それよりももっと深刻な発言がある。  前原政調会長がわざわざワシントンまで出かけて言って 下手な英語で集団的自衛権行使を容認すると言った。  ...
Return Top