天木直人の公式ブログ

八ッ場ダム建設問題に見るライン野田の強さとスタッフ前原の悲哀

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
                                      
 
 組織内で仕事をした経験のある人ならスタッフとラインの違い
を知っていると思う。
 すなわちラインとは政策決定、意思決定が出来る権力を持った
縦のラインであり、スタッフはその政策決定に横から貢献する
ブレーンである。
 ブレーンは、個人的にどんなに優秀で立派なであっても、それを
活かす部下や資金力がなく、なによりも決定権がない。
 その一方でラインは組織力がある。上意下達がある。ラインの
トップはどんなに馬鹿でも部下が従い組織力がある。なによりも
決定権がある。
 いま前原政調会長はスタッフの悲哀を痛感しているのではないか。
 前原政調会長が立派で正論を吐く人物かどうかはともかくとして、
彼が何を言ってもスタッフの長がうんと言わないと決まらないのだ。
 八ッ場ダム建設の最終決定を巡って前原政調会長が激しく抵抗して
いる。
 野田政権が建設継続の方針を打ち出したことに対し、前原政調会長
は12月21日に首相官邸に乗り込んで待ったをかけたという。
 国土交通相になったとたん、八ッ場ダム「中止」を宣言した前原氏
にはメンツがあるのだろう。
 民主党の政策は最終的には前原政調会長が決めるという鳴物入り
で政調会長におさまった前原氏には、政策はオレが決める、という
沽券があるのだろう。
 その勢いに押されて藤村官房長官はとりあえず態度を留保した。
 最終的には野田首相の判断に委ねられる。
 しかし建設決定の方針は覆ることはないだろう。
 それがスタッフの決定権だ。官僚組織が後ろに控え、それを使った
前田現国土交通相が決定したのだ。その上に野田首相がある。
 前原氏はあの時の一瞬の判断ミスを悔やんでいるに違いない。
 あの時、民主党の代表選挙に出馬することなく最初から野田首相
誕生を後押ししていれば、野田首相がここまで評判を落とした今頃は、
間違いなく民主党の切り札として首相待望論が出ていただろう。
 首相になることを焦ったために急遽出馬し、敗れ、そして野田首相
との関係を決定的に悪化させてしまった。
 政調会長としての焦りから、政策について大言壮語を繰り返し、
結局は何も実現できないまま、口先だけの男であるという評判を固めて
しまった。
 スタッフ前原の悲哀である。スタッフの長である野田の強さである・・・
 きょうの「天木直人のメールマガジン」ではこのほかにも次の
テーマで書いています。
 1.TPPは単なる自由貿易論争ではなく国論を二分する政界再編
の一大テーマであるという論証
 申し込みはこちらから ⇒ http://bit.ly/arIQo1
定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって読む
ことが できます。
◎2011年11月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/vF0Zuw
◎2011年10月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/u9tzLp
◎2011年 9月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/pBjgdH
それ以前のバックナンバーはこちら
⇒http://bit.ly/9hc76u
  お知らせ
 1.明年2月に小沢塾で講演を頼まれました。小沢氏に伝えたい
   メッセージについてご意見をお聞かせ下さい。
 2.メルマガの内容を充実させるために対談形式の動画配信を
   追加する事を考えています。希望する対談相手をお聞かせ
   下さい。
 3.明年2月「正論」グループの潮匡人氏と日本の安全保障に
   ついて公開討論を行なう予定です。詳細はおってお知ら
   せします。立場は正反対ですが、建設的な討論にする自信は
   あります。助言があったらお聞かせ下さい。
 
                             
 
339
Return Top