天木直人の公式ブログ

気色の悪い玄葉外務大臣とアウンサンスーチーのツーショット

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
きょう(12月27日)の新聞に玄葉外相のミャンマー訪日
の記事が取り上げられている。
 そこにはアウンサンスーチーと並んだ玄葉外相の写真が
これみよがしに一斉に掲載されている。
 それを見た私は寒気のよだつ気色悪さを覚えた。
 それはアウンサンスーチーと並んでにやけている玄葉外相の
気色さだけではない。
 およそ外交の知識の無い政治家が、外務官僚のいいなりになって
外交を演じている気色さである。
 わが国のこれまでのミャンマー政策はおよそピントはずれな
ものであった。
 欧米諸国がアウンサンスーチーの解放を求めミャンマーの軍事
政権を批判している中でひとり我が国は軍事政権に寛容だった。
 そのくせミャンマーの軍事政権への影響力はなかった。
 その一方でアウンサンスーチーの夫が英国人だったことを理由に
アウンサンスーチーは欧米かぶれだなどと毛嫌いした。
 日本はそのピントはずれの外交のためにミャンマーの軍事政権にも
アウンサンスーチーにも相手にされていなかったのだ。
 その日本が、米国がミャンマーに急接近したとたんにミャンマー重視を
言い出す。
 クリントン国務長官がアウンサンスーチーにあったとたん玄葉が
アウンサンスーチーに色目を使う。
 アウンサンスーチーの訪日を招待し、ミャンマーとの経済関係は重要
だと言い出す。
 ミャンマーの民主化は本物か?
 米国のミャンマー重視は善意から来ているのか?
 対米従属の外務官僚にいいように使われ、特別機に乗って世界旅行
させられて喜んでいる玄葉外相に、私は心底気色悪さを感じるのである。
                                      了
 きょうの「天木直人のメールマガジン」では次のテーマで書いています。
 1.福島原発事故は事故調査委員会ではなく国民法廷で裁かれるべきだ。
 申し込みはこちらから ⇒ http://bit.ly/arIQo1
定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって読むことが
できます。
◎2011年11月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/vF0Zuw
◎2011年10月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/u9tzLp
◎2011年 9月配信分テーマ ⇒ http://bit.ly/pBjgdH
それ以前のバックナンバーはこちら
⇒http://bit.ly/9hc76u
240
Return Top