天木直人の公式ブログ

 我々は沖縄を差別している。見捨てている。それでいいのか。

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
                                                       
 きょう2月28日の各紙は一斉に民間事故調査報告書なるものが
発表されたと報じている。
 それにとどまらない。テレビは一斉にこれを報じている。
 報じられたその内容は総じて菅政権下で行われた事故対策について
厳しいものだ。
 それはそれでいい。
 菅や枝野の対応を弁護するつもりはない。
 さすがに民間人の手による調査は手厳しく、そしてなによりも
政府や国会の調査・検証より迅速であると妙に感心してその報道を
最初は受け止めたものだ。
 しかしよく考えてみればそのいかさまぶりに気づいた。
 世間は気づいていないだろうから教える。
 民間報告書とはなんだ。民間による原発事故の調査・検証などと
いうものが、いつ、どのような形でおこなわれることになっていたのか。
 そんなことは誰も知らなかっただろう。
 そう思って各紙の報道を読んでいくうちにわかった。
 この調査は「福島原発事故調査独立検証委員会」の手によるという。
 この仰々しい名前の委員会は「元新聞記者が理事長を務める財団法人」
が選んだ官僚OBや御用学者、ジャーナリストたちから構成されたもの
であるという(2月28日産経)。
 元新聞記者とは誰か、どういう名前の財団法人なのかと、さらに疑問
を抱いて各紙を読み進めていくうちに毎日新聞に次のような説明を見つけた。
 すなわち船橋洋一元朝日新聞主筆が理事長である一般財団法人「日本
再編イニシアティブ」という団体が委員会を作って作らせたものであると
いうことだ。
 なんだこれは。
 確かに民間団体の調査であるには違いない。
 しかしそれは民間団体の一つに過ぎず、決して政府に対する国民と
いう意味での民間ではない。我々の立場を代弁しているものではない。
 親米保守の一握りのグループに手によるまったくの私的な報告書だ。
 どうりでその報告書の中には次のような記述がある。
 産経新聞だけが書いているのも象徴的だ。
 「・・・自衛隊と米軍は震災直後から『日米調整所』を防衛省内など
に設け救援や事故対応で連携。外務省や東電を交えた日米当局者の会議
は防衛省内で開催された。22日に官邸主導の日米会合が立ち上がる
までの間、『日米間の調整を担ったのは自衛隊と米軍の同盟機能だった』。
報告書は日米同盟の今後の課題として『今回の事故と似通った事態が想定
される核テロ攻撃時の運用態勢』構築の必要性を挙げている・・・日米
防衛当局こそが『最後のとりで』だ・・・」(2月28日産経)
 なるほどわかりやすい。
 こんなものは原発事故調査報告書でもなんでもない。事故調査報告書の
名を借りた日米同盟礼賛の広報文書だ。
 それにしても思う。
 政府や国会の事故検証報告書はなぜもっとはやく出来上がらないのか。
それが早く出ておればこんな民間報告書なるものが大きく報道される余地
はなかったはずだ。
 それにしても思う。
 こんな一団体の報告書をあたかも民間を代表する報告書のように大きく
取り上げる大手新聞各紙とはまともなジャーナリズムなのか。
 偽メディアによる、偽原発調査報告書であると読み流せばいい。
 
 おしらせ
 2月25日に有料メールマガジン読者向けに生配信した「サタデーナイト
ライブ 天木×植草の時事対談」のアーカイブ動画の配信を開始しました。
 今回は、「日本はどこまで米国に支配されているのか」を議題に、
小沢裁判とこの国の警察・検察・司法の闇、対米隷属を続けるこの国の
政治・政策運営などの諸問題について、約90分間ノンストップで議論しました。
●サタデーナイトライブ 天木×植草の時事対談
日本はどこまで米国に支配されているのか
http://foomii.com/00057/201202271900008548
【価格:315円(税込)】
 視聴をご希望の方は、[この記事のみ購入する 315円(税込)]より、
手続きをお願いします。登録いただいたメールアドレス宛に、動画の視聴方法
をご案内します。
 ※2月27日配信分につきまして、収録時に雑音が入ったため、一部、
お聞き苦しい箇所がございます。ご了承下さい。
 なお、通常、アーカイブ動画は有料ですが、今回のアーカイブ動画に限り、
有料メールマガジン読者さんは無料で視聴いただけます。視聴方法は 2月27日
配信のメールマガジンで案内しておりますのでご確認ください。
「天木直人のメールマガジン」は、 反権力、脱官僚支配、対米
従属から の自立、平和外交、判官びいきの視点から、メディア
が書かない日本の政治・外交 の欺瞞を 見抜いて毎日発信して
います。
  申し込みはこちらから ⇒ http://bit.ly/arIQo1
  定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって
購読できます。
188

 我々は沖縄を差別している。見捨てている。それでいいのか。

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 
                                                      
  沖縄くんだりまで出かけて行き「辺野古移設が唯一の有効な方法
だ」と言い張る野田首相。
 県外移転しかないと応じる仲井真沖縄県知事。
 その二人が前夜に那覇市内の料亭でなごやかに会食をする。
 こんな八百長政治を許す我々国民は沖縄問題を本気で考えている
というのだろうか。
 野田・仲井真会談を伝える28日の各紙の中で、毎日新聞「発信箱」
に次のような記事を見つけた。
 外信部大治朋子記者が書いていた「終わらない『戦後』」という
記事だ。
 沖縄に暮らして1か月半。全国紙にはほとんど載らない地味な日常
のニュースの中にこそ、沖縄の「終わらない戦後」があると。
 その一つが、地元紙で毎日のように目にする不発弾発見の記事だと。
 沖縄戦で日米両軍が使った爆弾や砲弾は約20万トン。そのうち
2000トン以上が今も地中に眠り、今でも不発弾爆発で負傷する
住民が出るという。
 すべての不発弾の処理にはあと80年かかるという。
 沖縄にモノレールはあっても鉄道や地下鉄が存在しないことも、
実はこの不発弾の危険と無縁ではないと。不発弾があまりに広範囲
に拡散しているので線路の敷設が危なくてできないというのだ。
 こんな事が本土にどこかにあるというのか。
 大治記者はその記事を次のように締めくくっている。
 「祖国復帰が実現しない限り、戦後は終わらない」と沖縄の本土
復帰を進めた佐藤栄作元首相は言った。あれから40年。不発弾の
問題一つをとっても、沖縄は今も「戦後」であり続けている、と。
 我々は沖縄を差別している。見捨てている。
 そうでなければ普天間飛行場の県外移転が出来ないはずはない。
 こんな問題が政治を揺るがすような問題であり続ける筈はない。
 それでいいのか。こんな政治はボイコットしなければいけない。
                          了
 いまの政治のすべてを否定する人たち。橋下新党さえも期待できない
と思う人たち。インターネットで本物の政党をつくり、本物の政治家を
我々の代弁者として国会に送り込みませんか。
 「天木直人のメールマガジン」の場でその構想を読者と共に
考えています。めどが立った時点で既存の政治に殴り込みをかけます。
そのカギは皆さんのやる気と情熱にかかっています。インターネット
新党づくりに参加してください。
「天木直人のメールマガジン」は、 反権力、脱官僚支配、対米
従属から の自立、平和外交、判官びいきの視点から、メディア
が書かない日本の政治・外交 の欺瞞を 見抜いて毎日発信して
います。
  申し込みはこちらから ⇒ http://bit.ly/arIQo1
  定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって
購読できます。
 
188

Fatal error: Cannot redeclare dp_facebook_comment_box() (previously declared in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php:225) in /home/kenpo9/xn--gmq27weklgmp.com/public_html/wp-content/themes/dp-magjam/comments.php on line 225