天木直人の公式ブログ

 小沢判決が裁判官だけの一存で下せるはずがない

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】
■□■
□■  天木直人のメールマガジン2012年4月25日第332号
■ 
 =========================================================
  小沢判決が裁判官だけの一存で下せるはずがない
                                                           
 ========================================================
 あすの小沢判決を控えてさすがに各紙とも小沢裁判の特集記事を
書いている。
 その記事の中で共通に語られていることがある。
 それは小沢判決がこの国の政局に及ぼす影響である。
 たとえば朝日はこう書いている。
 「・・・野田政権の運営にも影響するだけに、政界全体は判決を
注視している。仮に有罪なら最大勢力を率いる小沢氏の求心力低下
は避けられず、党内には『除名するしかない』との声も出ている。
無罪の場合は、(小沢)復権への足がかりになりそうだ・・・」
 ほかの各紙も小沢判決がその後の政局に与える影響の大きさに
ついて同様に書いている。
 実際のところ小沢判決が有罪と出るか、無罪と出るかの違いが
政局に与える影響は、様々な化学反応を引き起こしてこれら報道が
書く以上に大きいものとなる可能性がある。
 メディアもそれを知っているからこそ抑えて書いているのだ。
 そのように政治的に重要な影響力を及ぼす小沢判決を司法官僚で
ある裁判官が「法と良心」のみに従ってみずからの一存で書ける筈
がない。
 裁判官人事を牛耳っている最高裁の竹崎博允長官が黙って見て
いるはずはない。
 三権分立とは名ばかりのこの国の最高裁は時の政権の従属物の
ようなものだ。
 そして竹崎最高裁長官は歴代の最高裁長官の中でも司法官僚の
見本のような人物だ。
 最高裁が小沢判決について野田政権に事前の相談をしない筈はない。
 相談を受けた野田政権がわざわざ自らに不利になるような判決を
許す筈がない。
 そうなのだ。
 国策逮捕で始まった小沢事件は国策判決で終わる宿命にある。
 そして皮肉にも、もはや彼らはどのような判決を下せば彼らに
とって有利になるのかを見通せなくなっているのではないか。
 無罪判決では自己矛盾になる。
 しかしだからと言って有罪判決にしたからと言ってそれが野田
民主党政権にとって有利になるとは限らないのだ。
 有罪にしろ無罪にしろ、その判決が彼らにとってどう転ぶかは
もはや彼ら自身にとってもわからない展開に発展してしまった。
 国策捜査を画策した時点で彼らは大きな間違いを犯したという
ことである。
                          了
 「天木直人のメールマガジン」は主権在民、脱官僚支配、対米従属
から の 自立、平和外交、反権力、判官びいきの立場から毎日書い
ています。
 この他にも多くのテーマで書いています。
  申し込みはこちらから ⇒ http://bit.ly/arIQo1
  定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって
購読 できます。
 お知らせ
  4月28日(土)に【天木×植草リアルタイム時事対談】第4弾リアル
タイム配信が次のように行なわれます。
 ■天木×植草リアルタイム時事対談
http://foomii.com/files/interview/nightlive2012/
 ●配信日時:2012年4月28日(土曜日)
      19時00分~20時30分放送予定
 今回は判決が下される(4月26日)直後の対談でもあり「小沢
裁判」とは何だったのかについて90分間徹底討論します。
 メールマガジン読者は無料でリアルタイム視聴ができます。
287
Return Top