天木直人の公式ブログ

 我々一人一人が小沢一郎になって日本を変えればいいのだ

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 これだけ脱原発の声が高まり東電の責任が問われて来たのに、放射能
汚染の被害を矮小化し、原発再稼動を急ぎ、そして何よりも電力料金値上
げを決めて、国民負担で東電延命を図る。
 脱原発を願う国民の声をこれほど無視する政治はない。
 あれだけ米軍基地の負担軽減を訴える沖縄住民の声が高まっているのに、
よりによって沖縄返還40年を前にして危険な米軍軍用輸送機オスプレイ
を沖縄に配置する事を決める。
 これほど沖縄住民を差別する政治はない。
 消費税増税が経済的弱者いじめの不当、不正義な財務・国税官僚の暴挙
であることは明らかなのに自民党の修正案を丸呑みしてまで通そうとする。
 これほど自民党、民主党の国民無視の大連立政治はない。
 ところがその反国民的政治に待ったをかける政党、政治家は皆無だ。
 唯一期待を持たせた小沢一郎という政治家がいよいよ追い込まれつぶさ
れようとしている中で、この官僚主導のこれら暴挙が加速しつつある。
 それに待ったをかける政治はもはや期待できないのか。
 我々には絶望しかないのか。
 そうではない。
 我々国民一人一人が小沢一郎になって官僚支配のこの国の政治を変えれ
ばいいのだ。
 8割の国民が小沢嫌いであっても2割の国民が小沢の下に結集して
この国の不正義と官僚支配に立ち向かえばいいのだ。
 平成の大衆一揆だ。
 オキュパイ霞ヶ関だ。
 見ているがいい。
 その動きは遠からず必ずどこからか現れてくる。
 そして燎原の火のように全国に拡がっていく・・・
  この続きは「天木直人のメールマガジン」で書いています。
  申し込みはこちらから ⇒ http://bit.ly/arIQo1
 定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読
できます。
                             
263
Return Top