天木直人の公式ブログ

外交・安保に意欲を示す野田首相の危うさ

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
  
 俄かには信じられないことだが、どうみても死に体の野田首相が長期政権
に意欲を示しているという。
 しかも今後は外交と安保に力を入れると言う。
 これは聞き捨てならない。
 消費税反対や原発再稼動反対は国民が立ち上がり始めた。
 だから野田首相の暴走も少しは歯止めがかかる。
 しかし外交・安保問題に関する国民の意識はそこまで行っていない。
 それをいいことに野田首相が外交・安保に意欲を示すなら危険だ。
 何としてでも歯止めをかけなければいけない。
 7月19日の朝日新聞が次のように書いていた。
 ・・・(野田)首相は最近周辺にこんな指示を出している。
 「これからは外交と安全保障に力を入れたい。9月以降の外遊日程を
どんどん入れてほしい」。
 すでに消費税法案の成立後を見据えているのだ。
 首相は集団的自衛権の憲法解釈の見直しやPKO法改正などに意欲的
だ。自民党との連携で乗り切れると踏む。小沢氏らも党外に去り、官邸
には「(9月の民主党代表選)再選は確実」との楽観論が拡大。代表選
に向けた具体的な準備が進んでいる・・・
 そんなに上手くいくのか。
 朝日新聞のその記事は民主党議員の次の言葉を引用してこう締めく
くっている。
  「いずれ不信任案は出てくる・・・首相再選を支持するつもりで
いても、その前に6-7割の確率で不信任案可決だ」
 せめてもの救いだ。
 解散・総選挙とその前後の政界再編によって、政治の中に正しい外交・安保
政策を掲げる新たな政治勢力が生まれて来る事を期待したい・・・
 この続きはきょうの「天木直人のメールマガジン」で書いています。
 その他にも次のテーマで書いています。
 
 
 1. 脱原発を唱えていた小泉元首相は今こそ姿を見せるべきだ
 2. ラジコンでも証明された「やっぱり墜ちるオスプレイ」
 3. 米国では住民の反対で訓練延期をしていたオスプレイ
  申し込みはこちらから ⇒ http://bit.ly/arIQo1
 定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって
購読 できます。
244
Return Top