天木直人の公式ブログ

2012/8

Month

お知らせ

それでも増税野田民主党政権を擁護するこの国の大手メディア
22

それでも増税野田民主党政権を擁護するこの国の大手メディア

  「反消費税増税」を掲げて中小野党7会派が提出した野田首相問責決議案 に自民党が乗っかって可決された。  その事についてメディアが一斉に自民党を叩いている。  7会派が問責決議案をだしたときは否決していたくせにその豹変振りは なんだ。  そもそも消費税増税に賛成して3党合意をしたのではなかったか。自己否定 だ。  な...
 森本さん、オスプレイ広報大臣で終わってしまっていいのですか?
213

 森本さん、オスプレイ広報大臣で終わってしまっていいのですか?

□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】 ■□■ □■  天木直人のメールマガジン2012年8月31日第653号 ■   ==============================================================    森本さん、オスプレイ広報大臣で終わってしまっ...
 これでもオスプレイの低空飛行訓練を認めるというのか
220

 これでもオスプレイの低空飛行訓練を認めるというのか

 新聞やテレビはまったく報じないからこのブログで書く。  きのう8月27日の外交・安保問題を集中審議する参院予算委員会で 極めて重要な質問が共産党の井上哲士議員からなされた。  竹島・尖閣問題に対する不毛なやり取りばかりの国会審議であるが、 オスプレイ低空飛行訓練を糾弾する井上議員の質問こそ国会質問に 値する拍手喝采も...
NHK日曜討論における城島国対委員長の「致命的」開き直り
201

NHK日曜討論における城島国対委員長の「致命的」開き直り

 きょう8月26日の朝9時から始まったNHKの政治討論会で民主党の 城島国会対策委員長が「致命的」な開き直り発言をした。  もっともそれが「致命的暴言」になるかどうかは谷垣自民党執行部の器量に かかっている。  私が括弧書きで「致命的」と書いたのは、それが致命的とならないかもしれない からである。  それどころ自民党か...
米国で中止できるオスプレイ訓練がなぜ日本で中止できないのか
212

米国で中止できるオスプレイ訓練がなぜ日本で中止できないのか

   私は7月19日のメルマガ第546号で書いた。  ピースデポの調査のによれば、米国ニューメキシコ州にあるキャノン空軍基地 周辺の住民から騒音や安全性、自然環境への影響を懸念する声が起き、ついに 米国空軍は訓練延期を決定せざるをえなくなったという。  これを7月19日の東京新聞がスクープ報道した。  その時私は書いた...
本気で領土問題の解決を望むならまず野田政権の交替が先だ
206

本気で領土問題の解決を望むならまず野田政権の交替が先だ

   野田内閣が領土問題に対して毅然とした対応を取ると繰り返している。  野党の追及や世論の声におされての対応だ。  いいだろう。  毅然とした対応をすべきであると私も主張している。  軍事的対立を避けるためにも外交的に正しい対応をしなければいけない。  問題は野田政権の対応がはっきりしないことだ。  毅然とするといい...
解散・総選挙の先延ばししか頭に無い輿石民主党幹事長
192

解散・総選挙の先延ばししか頭に無い輿石民主党幹事長

 輿石民主党幹事長が昨日(8月20日)の記者会見で述べたらしい。  たとえ憲法違反の一票格差を是正する選挙制度改革法案がまとまっても それを周知する期間が2-3ヶ月必要だから、野田首相と谷垣自民党総裁 が「近いうち」の解散に合意をしたとしても、そんなことは出来なくなるかも しれないと。  この発言には笑ってしまった。 ...
やっと決まった主要国大使人事とその本当の意味
259

やっと決まった主要国大使人事とその本当の意味

   きょうの各紙が我が国の主要国大使人事とそれに伴う外務省幹部人事 について一斉に報じている。  政治の混迷によってとどこおっていた大使人事、本省幹部人事の異動が、 やっとこれで決まりである。  おりから竹島、尖閣問題で日本外交の真価が問われている。  そのことと絡めて各紙はもっともな解説をしている。  政治任命され...
 次は東電解体を求める官邸包囲デモの番だ
234

 次は東電解体を求める官邸包囲デモの番だ

 きょう8月19日の朝日新聞が一面トップで大スクープを掲載した。  電力料金の値上げを強行した東電が、いまでも青森県六ヶ所村に 約2億7千万円の寄付を行なっていたというのだ。  これを知って国民は激怒しなければウソだ。  枝野経済産業大臣は決して東電の値上げを認めてはならなかった のに、東電を潰さないために、そして政府...
 内なる議論ばかりに終始し、有効な対外政策を打ち出せない日本
224

 内なる議論ばかりに終始し、有効な対外政策を打ち出せない日本

   騒ぐばかりで何一つ効果的な対外政策を与党も野党も打ち出せない 政治家たち。  自信を持って解決策を提示できない官僚、専門家、有識者たち。  それらを垂れ流すだけのメディア。  これが竹島・尖閣問題に対する今の日本の現状だ。  なぜこのような混乱が起きるのか。  正しい解決策は何か。  それについての私の結論は何度...
Return Top