天木直人の公式ブログ

赤阪君、君は正気か?

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 9月7日の産経新聞に今年の3月まで国連事務次長(広報担当局長)を
務めていた赤阪清隆氏が6日に日本記者クラブで記者会見した模様を報じ
る小さな記事を見つけた。
 私が驚いたのは、彼が次のように日本の国連安保理理事国入りを訴えた
ことだ。
 すなわち彼は記者を前にして次のように語ったという。
 国連から見た日本の勢いは弱まっている。だから一日も早い継続的な
安保理入りが重要だと。
 そして日本の重要性は国連の場では十分に理解されており、国連安保理
入りへの支持も今のところ十分あると。
 この記事を読んだ私は、思わず「赤阪君、正気か?」と聞きたい思いに
駆られた。
 赤阪清隆氏は外務官僚として私の2年後輩に当たる。
 大学もまた後輩だ。
 外務省時代には一緒に仕事をしたことはなかったが、人柄も能力もある
人物だったことを知っている。
 私の同期であった高須幸雄氏と同様に、ある時期から国連の専門家として
特化し、日本の国連外交を担ってきた人物だ。
 国連の事をよく知っているはずだ。
 だからこそこのような発言を知って私は問いただしたいのだ。
 「君は本気でそう考えて記者の前で発言したのか」と
 いま外務官僚がなすべき外交はもっと別のところにあるだろう・・・
 この続きはきょうの「天木直人のメールマガジン」で書いています。
 申し込みはこちらから ⇒ http://goo.gl/YMCeC
 定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読できます。
 お知らせ
 
 孫崎享著「戦後史の正体」(創元社)をもっとも正しく評価する私が
その孫崎氏に独占インタビューをしてこの国の正体を徹底的に論じ合いました。
 その動画が以下の通り発売されましたので案内します。必見の対談です。
 孫崎享×天木直人 「戦後史の正体」出版記念特別対談
http://foomii.com/files/interview/amakixmagosaki2012/0907/
                                 
400
Return Top