天木直人の公式ブログ

社民党は今こそ解党してインターネット政党を目指すべきだ

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 
 日本維新の会の橋下徹代表が、結党したとたんに集団的自衛権を認める
べきだと明言した。
 日米同盟重視を唱える御用学者や外務官僚を政策ブレーンに抱えるぐら
いだから当然と言えば当然であるが、これで安倍、石原、石破などの自民
党と、野田松下政経塾民主党の3党を考えれば、どのような政権になろう
とも改憲そろい踏みとなる。
 社民党の福島瑞穂党首は12日の記者会見でこのままでは憲法改正に
あっという間に突き進むと懸念を示したらしい(9月13日東京)。
 私は決してそうは思わない。
 国民の多くがそれを望まない事を知っているからだ。
 日本が置かれている今の内外情勢を考えれば、どのような改憲論者でも
政権を担えば、改憲を急ぐことのおろかさに気づく。
 しかし、そうは言っても、このまま行けば日本は総保守になる。改憲の
方向に突き進んでいく懸念があることは福島氏のいう通りだろう。
 ならば何故福島社民党は本気になって平和を望む国民を束ねる国民政党
に脱皮しようと努力をしないのか。
 その為には一度解党し、党首も選挙候補者も広く国民から公募するぐら
いの英断をすべきなのだ。
 いつまでたっても自分が党首でなければいけない、いつまでたっても
選挙は組合と組織関係者で独占しなければならない、このような考えを
変えない限り国民はついて来ない。
 いまこそ私の唱えるインターネット政党を目指すべきなのだ。
 私は喜んでそのアイデアを提供したい。協力したい。
 党首も候補者も広く国民から募って、国民の望む平和政党に生まれ変
わるのだ。
 憲法9条を守る事を唱える政治家が偉いのではない。
 憲法9条が偉いのだ。
 その憲法9条を本気で守りたいのであれば、自己保身や組織優先の考え
を捨て、本気になって平和を唱える国民政党づくりを起せるはずだ。
 その時は今をおいてない・・・
 この続きはきょうの「天木直人のメールマガジン」で書いています。
 その他にも多くのテーマで書いています。
  申し込みはこちらから ⇒ http://goo.gl/YMCeC
 定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読できます。
 お知らせ
 
 孫崎享著「戦後史の正体」(創元社)をもっとも正しく評価する私が
著者孫崎氏に独占インタビューをしてこの国の正体を徹底的に論じ合いました。
 反骨の元外交官二人が日本の政治と外交の正体を暴きます。
 その動画が以下の通り発売されましたので案内します。必見の対談です。
 孫崎享×天木直人 「戦後史の正体」出版記念特別対談
http://foomii.com/files/interview/amakixmagosaki2012/0907/
                                 
316
Return Top