天木直人の公式ブログ

オスプレイの阻止も外圧頼みという笑い話

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 連日沖縄ではオスプレイ反対のデモが行なわれている。
 きょう9月29日の東京新聞も普天間飛行場のゲートの前で抗議の市民と
警察官がにらみ合っている記事が掲載されている。
 これほど悲しい記事はない。
 それでも配備を強行するようなら、それだけで野田首相は辞任に値すると思う。
 鳩山首相が米軍の抑止力は必要だと言って辞任したように、野田首相も
オスプレイは必要だと言って辞任するしかない。
 そう思っていたらオスプレイの沖縄配備が延期されたという。
 むしろ米国側のほうが沖縄住民の反対におそれをなしたのか。
 そうではない。
 台風が沖縄に来たためだ。
 この事を9月29日の東京新聞が佐藤正明氏の漫画で風刺している。
 「もはや外圧だのみ」だと。
 なんでも外圧でしか動かない日本政府を皮肉った見事な風刺だ。
 しかし笑えない風刺である。
 悲しい風刺である。
 台風が去れば米国は今度こそオスプレイ配備を強行する。
 それに対して野田改造内閣はなすすべがない。
 森本防衛相はそのために叩かれ役として留任するのだ。
 しかし叩かれ役でも大臣の名誉には代えられない。
 よろこんで大臣留任に飛びつくだろう。 
 それにしても安倍自民党は幸運だ。
 面倒なことはすべて野田民主党政権がやってくれる。
 衆院選挙を遅らせれば遅らせるほど泥をかぶってくれる。
 そして国民の罵声とともに衆院選で退場する。
 それでも野田民主党政権は一日も長く選挙を引き延ばしたいのだ。
 野田民主党議員は一日も長く国会議員の歳費や政党助成金や特権を
手放したくないのだ。
 もっとも野田民主党はいくら選挙で負けてもその論功行賞で総選挙後も
自公民大連立という形で政権にとどまることができるという。
 すべては八百長である。
                              了
 
 
 「天木直人のメールマガジン」は報道の裏にある真実を解説して毎日配信
しています。
 その他にも次のテーマで書いています。
 1.情報隠しに突っ走る末期症状の野田民主党政権
 2. 「領土問題は存在しない」という方針を撤回させられる日本
 3. 尖閣を「盗んだ」日本
 4. 緊急発信―中国外相の国連演説に驚く
 5.敗北した野田首相の国連演説
 6. 北方領土問題の専門家を気取る佐藤優氏の与太話
 7. 立ち消えになった森元総理のロシア特使
 8. 10年たっても何も進展しなかった拉致問題
 申し込みはこちらから ⇒ http://goo.gl/YMCeC
 定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読
できます。
  お知らせ
 1. いよいよ本日9月29日(土)
から再開します。に天木・植草対談を以下の通り実況配信します。
 
 サタデーナイトライブ2012 天木×植草の時事対談
http://foomii.com/files/interview/nightlive2012/
 
 2. 「戦後史の正体」(創元社)の著者である孫崎享氏と私の
外務官僚OB二人がこの国の正体を徹底的に論じ合いました。
  その動画が以下の通り発売されましたので案内します。
  孫崎享×天木直人 「戦後史の正体」出版記念特別対談
http://foomii.com/files/interview/amakixmagosaki2012/0907/ 
 
199
Return Top