天木直人の公式ブログ

2012/10

Month

お知らせ

世論を目覚めさせた東祥三「国民の生活が第一」党幹事長の代表質問
24

世論を目覚めさせた東祥三「国民の生活が第一」党幹事長の代表質問

  3時半ごろからはじまった東祥三衆院議員の代表質問を聞きながら このブログを書いている。  およそ代表質問とそれに対する答弁などは聞くにたえない芝居だと相場は 決まっている。  しかこの「国民の生活が第一」の幹事長である東祥三議員の代表質問は 違った。  民主党政権に裏切られた国民の気持ちをこれほど的確に野田首相にぶ...
勝谷誠彦に乾杯の音頭を取らせた小沢新党結党パーティの衝撃
85

勝谷誠彦に乾杯の音頭を取らせた小沢新党結党パーティの衝撃

 発売中の週刊スパ11月9日号を見て驚いた。  10月25日に開かれた小沢一郎の「国民の生活が第一」結党記念パーティで勝谷誠彦氏 が乾杯の音頭をとっている。  勝谷氏がみずからの連載コラム「ニュースバカ一代」で自慢げに書いていた。小沢一郎代表 の挨拶の後で自分が乾杯の音頭を頼まれたのだと。  勝谷氏と言うのは私も大阪読...
原発廃絶と沖縄基地撤退を結びつける認識こそ今求められている
93

原発廃絶と沖縄基地撤退を結びつける認識こそ今求められている

   平和を願う人たちがつくる組織は数多くあるがその一つに「憲法9条 世界へ未来へ 連絡会(9条連)」というのがある。  その組織が発行する9条連ニュースをいつからか定期的に私は受け取 っている。  9条連の講演にかつて呼ばれた事があったよしみで送られてくるのだ。  そして私はいつもそれに目を通している。  いつも注目...
こんな所信表明演説なら参院本会議でしなくてもいい
21

こんな所信表明演説なら参院本会議でしなくてもいい

     衆院本会議における野田首相の所信表明演説を聞きながら書いている。  よくもこんなあつかましい演説ができるものだ。  最後は国民に責任を求めた。  政局にまどわされることなく国民も正しい政治を選択しろだと。  民主党に投票てくれと言っているのだ。  こんな演説をするくらいなら福島で苦しんでいる原発被曝民の一人で...
原発ゼロ社会の実現は革命を起こすほど難しい事であると覚悟すべきだo
78

原発ゼロ社会の実現は革命を起こすほど難しい事であると覚悟すべきだo

     時間をかけて原発ゼロ社会を実現するなどという事は誰でも言えることだ。  野田首相さえ言い出している。  しかし時間をかけて脱原発をするということは原発を維持することと同じだ。  もちろん原発廃止ではなく原発依存を十数%に減らすなどというのは原発維持だ。  原発ゼロを目指すなら、いますぐ原発廃絶を宣言しそれに向...
平気で嘘を書く「島奪還計画中止」の朝日の記事
98

平気で嘘を書く「島奪還計画中止」の朝日の記事

□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】 ■□■ □■  天木直人のメールマガジン2012年10月28日第809号 ■   ==============================================================    平気で嘘を書く「島奪還計画中止」の朝日の記...
石原東京都知事の新党宣言の衝撃(政局に与えるインパクト)
90

石原東京都知事の新党宣言の衝撃(政局に与えるインパクト)

 今度の石原氏の新党結成宣言の衝撃は、それが尖閣問題に与える 悪影響よりも、国内政局に与える影響の大きさにこそあると私は思っている。  見ているがいい。これから11月の新党結成までの間、政局報道はこれ ばかりになる。  野田民主党政権の批判が遠のき、解散・総選挙も遠のく。  解散・総選挙の後にこそ政界再編は不可避になる...
拉致問題解決の最大の障害は省益優先の外務官僚である
109

拉致問題解決の最大の障害は省益優先の外務官僚である

   田中法務大臣の後任人事には驚いた。  わずか3週間ほど前の改造内閣人事で年齢を理由に法務大臣を辞退し た滝実元法務大臣が再登板したからだ。  しかし私がもっと驚いたのは拉致担当大臣に藤村官房長官が兼務した ことだ。  前の田中慶秋という政治家がおよそ拉致問題に無力であることは明ら かであったが、この藤村修という政...
河相外務次官の極秘訪中をすっぱ抜いた中国紙
84

河相外務次官の極秘訪中をすっぱ抜いた中国紙

   きょう10月24日の毎日新聞に貴重な記事を見つけた。  それは北京発のわずか9行の一段の小さな記事だ。  そこにはこう書かれている。  中国の国際情報紙「環球時報」は10月23日付で日本外務省の河相 周夫(かわいちかお)事務次官が21日に上海を訪れ、尖閣諸島をめぐ る問題について中国側と協議した・・・  これが事...
崩壊に向かって加速する野田民主党政権
90

崩壊に向かって加速する野田民主党政権

   ここに来て野田民主党政権の崩壊が加速している。  この事は二つの点で象徴的にあらわれている。  一つはきょう10月22日の朝日新聞が一面トップで掲載した直近の 世論調査である。  野田内閣の支持率が18%と二割を切った。おそらく後に続く他紙の 世論調査も同様の過去最低数字となるだろう。  二つは前原国家戦略担当相...
Return Top