天木直人の公式ブログ

河相外務次官の極秘訪中をすっぱ抜いた中国紙

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 
 きょう10月24日の毎日新聞に貴重な記事を見つけた。
 それは北京発のわずか9行の一段の小さな記事だ。
 そこにはこう書かれている。
 中国の国際情報紙「環球時報」は10月23日付で日本外務省の河相
周夫(かわいちかお)事務次官が21日に上海を訪れ、尖閣諸島をめぐ
る問題について中国側と協議した・・・
 これが事実なら大スクープだ。
 いうまでもなく尖閣問題は野田政権の日本外交の最大の問題である。
 何の打開策も見出せないままだ。
 その問題を協議するために外務官僚のトップが訪中したのである。
 これほどの大きなニュースはない。
 ところがそれを報じる日本のメディアは見当たらない。
 ということは、これは日本のメディアさえも気づかない極秘訪問なの
だ。北京ではなく上海を訪問していることも極秘訪問をうかがわせるに
十分だ。
 それでは河相次官は何のために訪中したのか。
 それはズバリ、次期駐中国大使に内定している木寺大使の合意(アグ
レマン)を早く出してくれないかと中国側に直談判しに行ったに違いな
いと私は睨んでいる。
 中国はアグレマン発出を遅らせて野田民主党政権の尖閣問題に対する
対応を拒否しているのだ。
 はたして日本のメディアはこれほど興味深い「環球時報」の報道を察知
して検証報道をするだろうか。そのようなメディアが現れるだろうか・・・
 この続きはきょうの「天木直人のメールマガジン」で書いています。
 申し込みはこちらから ⇒ http://goo.gl/YMCeC
 定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読できます
 
151
Return Top