天木直人の公式ブログ

拉致問題解決の最大の障害は省益優先の外務官僚である

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 
 田中法務大臣の後任人事には驚いた。
 わずか3週間ほど前の改造内閣人事で年齢を理由に法務大臣を辞退し
た滝実元法務大臣が再登板したからだ。
 しかし私がもっと驚いたのは拉致担当大臣に藤村官房長官が兼務した
ことだ。
 前の田中慶秋という政治家がおよそ拉致問題に無力であることは明ら
かであったが、この藤村修という政治家もまた何の力もない。
 野田政権の嘘と弁解を国民に垂れ流してきただけの忠実な野田首相の
側近というだけだ。
 おまけにその身代わり役でこれからますます忙しくなるという藤村
官房長官に拉致問題の解決を任せるという。
 これでは当面は拉致問題に取り組む余裕はありませんと言っているよ
うなものだ。
 拉致被害者家族ならずとも怒らずにはいられないだろう。
 しかし私がこのメルマガで書くことはそのことではない。
 野田、玄葉、藤村民主党政権が言いなりになっている拉致問題解決
についての外務省の無能さ、無責任ぶりについてである。
 私は繰り返し書いてきた。
 金正恩体制になった今こそ、日本政府が試みる価値のある方策は故
金正日総書記の専属料理人であった藤本健二氏をパイプ役とした金
正恩新指導者との直接交渉であると。
 そして、それを拉致問題担当の大臣である松原前国家公安委員長が行
なおうとしていたことが後日の報道で明らかにされた。
 しかしその試みは二元外交と批判され、潰された事もまた報道で明ら
かにされた。
 外務官僚とその操り人形のような玄葉外相が野田首相を動かし潰した
のだ。やがて松原大臣は内閣改造人事で外される。
 この外務省の画策の具体的な証拠を私は発売中の週刊現代11月3日
号で知った。
 すなわち週刊現代は「霞ヶ関24時」という連載コラムで次のように
書いている。
 内閣府には拉致問題対策本部が設置されている。その事務局長代理の
三谷秀史(警察庁出身)チームが藤本氏の第一回目の訪朝をお膳立てし、
藤本氏が金正恩第一書記と面会した時の言葉を日本語とハングル語で書
いて藤本氏に話させたというのだ。
 藤本氏と金正恩第一書記の第一回目の面会がここまで内閣によって準
備されていたとは驚きだ。
 問題はその後である。
 これが明らかにされるや、自らの手で拉致問題を解決したい外務省は
強烈に反発し、巻き返しに出る。
 それが朝日新聞にリークしてスクープさせた松原大臣の二元外交批判
であり、野田首相を通じた松原、藤本潰しであったというわけだ。
 そしてその後の展開は見事に拉致問題解決の道が頓挫してしまった・・・
 この続きはきょうの「天木直人のメールマガジン」で書いています。
 その他にも次のテーマで書いています。
 1.離島奪還訓練が中止された本当の理由 が米国の対中宥和策だ
 2. メディアは玄葉外相の無意味な訪欧を検証すべきだ
 3. 河相外務次官の極秘訪中をすっぱ抜いた中国紙
 4. 米軍基地が治外法権を持って存在し続ける日本の異常さ
 5. 来日したチェルノブイリの専門家が福島市民の前で発した重い警告
 6. 尖閣問題で中国と戦争する事になる危険性をどう回避すべきか
 7. 地元住民が放射線に被曝しているというのに手を打たない渡辺善美
     
  申し込みはこちらから ⇒ http://goo.gl/YMCeC
 定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読できます。
◎2012年 9月配信分テーマ ⇒ http://goo.gl/5bZeJ
◎2012年 8月配信分テーマ ⇒ http://goo.gl/E81By
◎2012年 7月配信分テーマ ⇒ http://goo.gl/hGnWH
それ以前のバックナンバーはこちら
⇒ http://goo.gl/lq86t
                             
187
Return Top