天木直人の公式ブログ

石原東京都知事の新党宣言の衝撃(政局に与えるインパクト)

ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします!
政治 ブログランキングへ
 今度の石原氏の新党結成宣言の衝撃は、それが尖閣問題に与える
悪影響よりも、国内政局に与える影響の大きさにこそあると私は思っている。
 見ているがいい。これから11月の新党結成までの間、政局報道はこれ
ばかりになる。
 野田民主党政権の批判が遠のき、解散・総選挙も遠のく。
 解散・総選挙の後にこそ政界再編は不可避になる。
 そしてそれらの政局の混乱は決して国民の当面の生活の苦しさにとって
プラスにはならない。
 それどころか政界再編の後の政治さえも良い方向に向かう保証はない。
 石原氏は尖閣、改憲、安保よりも官僚支配打破、中央集権制の打破を全
面に出すだろう。
 そこに橋下氏との連携の余地が出て来るだろう。
 それはまた小沢一郎の主張でもある。
 石原氏と小沢氏は相容れないが外務官僚批判の急先鋒である点では見事
に一致している。
 保守たちの政策の違いによるねじれは至るところにあるが保守連合のた
めには政策の違いは棚上げされるかもしれない。そこが保守の融通無碍の
強さだ。
 それに対して平和・護憲を訴える左翼は純粋路線でいつまでも団結でき
ない。
 しかしそうなれば愛国保守、改憲論が世論を動かすことを阻止できない。
左翼政党はここで団結しなければする時はない。
 左翼はいたずらに石原、橋下を批判するのではなく対抗するための結束を
本気で考えるべきである。左翼の正念場である。
 自民党も民主党も分裂する。みんなの党と橋下維新の会の連携も不透明に
なってくる。
 みんなの党の渡辺氏が言っていることは、もはや石原氏よりも小沢氏に
近い。
 いずれにしても政治報道は政局ばかりになっていく。
 国民生活が後回しにされる。
 しかしこの混乱は早晩起こることだ。
 どうせ起きるなら早いほうがいい。
 どうせ起きるなら混乱の極みがいい。
 それは新生日本ができるための必要不可欠な試練であるととらえるべきだ・・・
 この続きは「天木直人のメールマガジン」で
          
                                        
177
Return Top